FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も埼スタでマリノスに敗戦

<<   作成日時 : 2013/07/17 22:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第17節。
3位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。

同じ勝ち点で並ぶチームとの直接対決。
マリノスとは2008年以降、埼スタのホームゲームで5連敗中。

試合は前半10分にマリノスが先制するが、レッズが前半17分にカウンターを起点に那須選手が同点ゴール。
28分にはCKからのこぼれ球を槙野選手が押し込んで逆転に成功。
前半は2−1とレッズがリードで折り返し。

後半もレッズがリードをキープするが、後半18分に同点に追いつかれ、37分にはCKから栗原選手に頭で決められて逆転。
これが決勝点となって横浜Fマリノスが3−2で浦和レッズに逆転勝利。
両チームの順位が入れ替わってレッズが4位に転落しました。

今日は雨の中での試合でしたが、やはり平日に雨が重なると空席が目立ちますね。
自分も埼スタへ行かなかったのでアレですが・・・。

後半開始からNHKのBS中継で、プロ野球と並行してTV観戦していました。
見る側からすればシーソーゲームで面白かったかもしれませんが、応援しているチームが逆転負けしてしまうと心が凹んでしまいます。
上位に残る為にも連敗は許されないのに、4月に続いて2度目の連敗は頂けません。

これで4連戦の結果は1勝2敗1分け。
直近の3試合で9失点と守備が崩壊。
メンバーを入れ替えても、これでは今年の夏を戦っていけるのか心配です。

今日の試合で不満だったのが、リードしている展開でDFの2人を同時交代した事。
その不安が的中して2点を奪われる逆転負け。
途中交代の3人の出来があまりにも酷すぎたのが大誤算だったし、監督も何であんな選手交代をしたのか疑問に感じました。

今週末から東アジア選手権が行われる関係で再び中断期間に突入します。
レッズより上位にいる3チームはいずれも失点が20点切っている。
優勝争いに踏み止まる為には守備が安定している事が一番の近道だと思っています。
ミシャ監督も理想より現実を取ってほしいですね。

中断明けのレッズの相手はジュビロ磐田とのアウェーゲーム。
ジュビロ戦のある7月31日は興梠選手の誕生日。
是非とも興梠のバースデーゴールで連敗をストップして、その次に控える広島戦に臨みたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 08月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
おっしゃる通り観るだけだとシーソーゲームなので、エンタメ性抜群で楽しめると思いますが、サポとしてはヤキモキする試合でしたね。加えてこれで連敗してしまった訳で、ひじょうに痛い敗戦となってしまいましたね。

ここで中断に入ってくれて今回は安堵です。しっかり立て直すチャンスです。ミシャがやり方を変えないとしても、ここでしっかり修正して、新たなものをチームに植え付けてほしいですね。
うえ
URL
2013/07/18 18:33
 >うえさん
こんばんは。
サポとしてはヤキモキする試合になってしまったし連敗は痛恨の極みです。
再び中断期間に入りましたが、相手に対策を練られている以上は、その上を行く戦い方をしないと下に落ちる一方だと思いますよ。
FREE TIME
2013/07/18 22:13
今年も埼スタでマリノスに敗戦 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる