FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺達炎上 ジャイアンツが打ち勝つ

<<   作成日時 : 2013/05/18 00:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今週から始まったセ・パ交流戦は2カード目。
今日は仕事帰りに東京ドームでジャイアンツvsライオンズ戦を観戦しました。

セ・リーグ首位のジャイアンツに対するは、パ・リーグ2位のライオンズ。
ともに打線が強力だけに、投手の出来がカギを握りそう。
先発はジャイアンツ・ホールトン、ライオンズ・野上の両投手。
画像

試合はライオンズが初回に3番・栗山選手の2ランで先制。
いきなり2点を追いかける事になったジャイアンツだったが、3回に4番・阿部選手の3ランホームランで逆転。
6回には村田選手のソロホームランで追加点、7回にはダメ押しとなる3点を追加。
結局、試合はジャイアンツが7-2でライオンズに打ち勝って先勝しました。

自分が球場に着いた頃には既にライオンズが先制していて、2回表のライオンズの攻撃中でした。
阿部選手の3ランは打った瞬間にそれとわかる当たりでした。
画像

この試合を観ていて感じた事は、やはり今年のボールが昨年のボールより飛ぶと言う事。
ホームランが3本出たし、あわやという当たりも何本かありました。
他球場でもホームランが乱れ飛んだ試合があったようだし、NPBもメーカーも、いい加減にボールの質を変えましたと認めればいいんですけどね(汗)

勝敗を分けたのは阿部選手の逆転3ランではなく、7回裏のライオンズの守備。
二死二塁から坂本選手が三塁ゴロを打った時に、三塁手が判断を誤ってピンチを広げ、更に継投にも失敗してしまっての3失点。
ライオンズ名物「俺達」の片鱗を見た7回裏でもありましたね。

明日も東京ドームで2戦目。
先発はジャイアンツ・菅野、ライオンズ・岸の両投手。
菅野投手がライオンズの強力打線を相手に、どのような投球を見せるのか。
岸投手が5年前の日本シリーズの再現を見せるのか。
明日のGL対決はNHKでも中継されるし、注目ですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2013年 06月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
俺達炎上 ジャイアンツが打ち勝つ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる