FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS グループリーグ突破が遠のく痛恨のドロー

<<   作成日時 : 2013/04/09 23:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ACL第4節。
浦和レッズは、全北現代とのアウェーゲーム。

前節のホームゲームでは逆転負けした相手。
グループリーグ突破する上でも負けられない戦い。
スタメンは磐田戦と同じ布陣。

試合は2−2のドロー。
レッズが前半開始10分以内に那須、梅崎とゴールを決めて2点リード。
前半はこのまま2点リードで折り返し。

後半6分に全北現代に1点を返され1点差となるが、この虎の子の1点を守ったまま後半もロスタイム。
しかし、後半ロスタイムに全北現代に同点ゴールを決められてしまい、このまま試合終了。

3位・浦和レッズと2位・全北現代との勝ち点差2は変わらず。
手中にしていた勝利を逃す痛恨のドローで、自力でのグループリーグ突破は極めて厳しいものになってしまいました。

試合の詳細はよく観ていないので何とも言えないのですが、2点取った後でも決定的な場面があったが3点目が取れず、逆に2点差を追いつかれてしまう結果。
2−0は追いつかれやすいというけど本当ですね・・・。

前回同様に前半リードしながら、後半にやられて勝ちゲームを落とす。
残念ですが、これがレッズと全北現代との力の差だと思います。

次節はホーム・埼玉スタジアムにて広州恒大との対戦。
中国でのアウェーゲームでは大敗した相手。
戦力的にも相手が上かもしれないが、可能性がある限りは諦めてはいけません。

次節は有給を取って観戦予定。
ホームの後押しでレッズをサポートしてあげましょう。

最後に韓国まで駆けつけたサポの皆様お疲れ様でした。
隣国が不穏な動きを見せていて、韓国が危険地帯になりそうなので早めに帰国して下さい。


ソウル本2013 (エイムック 2384)
エイ出版社
2012-04-27
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソウル本2013 (エイムック 2384) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
なんとも痛いドローとなってしまいました。磐田戦と真逆のロスタイムのショッキング劇・・・
ただ前向きに捉えるとすれば、残り2試合でまだ可能性が残っていると言う点ですね。全北との勝点差が3ではなく2で持ち堪えているのは大きな部分として捉えたいです。そしてレッズは、とにかく意地を見せるしかないですね。
うえ
URL
2013/04/10 20:10
 >うえさん
こんばんは。
昨晩の録画中継を観ましたが、本当にショッキングでした。
広州恒大のグループリーグ通過が確実な以上は、全北現代との2位争いなのですが、厳しい事には変わりないですね。
でも、ここから意地を見せて、どんなにダサくてもいいので勝ってほしいです。
FREE TIME
2013/04/10 22:30
グループリーグ突破が遠のく痛恨のドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる