FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームで痛恨の逆転負け

<<   作成日時 : 2013/04/04 00:03   >>

トラックバック 1 / コメント 2

ACL第3節。
浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムで韓国の全北現代との対戦。

勝ち点3でグループリーグ2位のレッズ。
相手は勝ち点差1で3位につける全北現代。
6年前にも対戦しているが、その時は2試合とも勝利している相手だけに、6年前の返り討ちを果たしたい試合。
自分も前半途中ですが、埼スタに参戦しました。

試合は前半8分に原口選手のゴールで先制。
その後も数多くのチャンスを作るが、追加点を上げられず、前半はレッズ1点リード

後半になると全北現代がフォーメーションを変更。
後半7分に同点に追いつかれると、その後も劣勢に回る展開。

そして後半19分にFKから逆転を許し、その後も追加点を奪われ場万事休す。
試合は3−1で全北現代に逆転負け。
グループリーグも2位の全北現代に勝ち点2差の3位に転落。
グループリーグ突破に向けて残り3試合負けられなくなりました。

前半のうちに決められなかったツケが後半に回ってしまった試合。
それでなくても相手に当たり負けし、後半はいい場面なんてほとんどなかった。
3点目のシーンは目を疑ってしまいましたね。
今季の順大は不安定なプレーが目立ちますが、3点目を獲られた時には、まだ交代枠を残していたので懲罰交代させても良かったのではないかと思いたくなるような判断ミスでした。

昼間のセンバツ高校野球決勝で浦和学院が勝って優勝を決めた。
夜はレッズが勝って浦和の日にしたかったのだけど明暗が分かれてしまいました・・・。

今節、次節とACLは日韓対決なのだが、今節はJリーグ勢の1勝3敗。
ここ数年、Kリーグのチームに完全に負けてしまっていますね。
実際に全北現代も前を向いたらシュートの意識が強かったし、相手を壊してでもボールを取ろうとする球際の激しさ意識が高かった。
全北現代に感じた必死さがレッズには感じられませんでした。

来週は韓国でアウェーゲーム。
この埼スタでの試合を観ている限りでは、正直、勝てそうな気がしない。
そこをミシャ監督がどう立て直していくのでしょうか。
まずは週末の磐田戦で勝ちましょう!


浦和レッズあるある
ティー・オーエンタテインメント
浦和レッズあるある研究会
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズあるある の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まさかのホームで全北現代に逆転負け
ACLでのJリーグvsKリーグ8連戦。 ...続きを見る
ニセモノのくせに生意気だ
2013/04/05 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
何とも厳しい状況に追い込まれてしまいましたね。前半外しまくって超決定機をフイにし続けただけでも、ホームで勝てなくて何時勝つんだという試合でした。
それだけに来週の敵地では、更に厳しい戦いが待っている事だけは明らかでしょうね。でも勝たなければ自力突破が消えてしまいますし、もう死に物狂いで勝つしかないですね。磐田戦に勝って勢いを付けるしかありませんね。
うえ
URL
2013/04/04 18:46
 >うえさん
こんばんは。
残り3試合中ホームは1試合のみで、しかも相手はグループリーグ首位の広州恒大。
本当に苦しい立場に立たされてしまいました。
本当にパワーで圧倒されてしまったので、次の試合も勝てる気がしません。
今度の磐田戦と来週のアウェーでの戦い。
ミシャがどのような選手起用をするのかがカギを握りそうです。
FREE TIME
2013/04/04 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホームで痛恨の逆転負け FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる