FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 広州恒大に勝利 グループリーグ突破へ望みつなげる

<<   作成日時 : 2013/04/24 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ACL第5節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて中国の広州恒大との対戦。

現在、グループリーグ3位の浦和レッズ。
相手はアウェーで0−3と大敗したグループリーグ首位の広州恒大。
厳しい相手ではあるけど、グループリーグ突破に向けて絶対に負けられない戦い。
自分も有給を取って埼スタへ駆けつけました。
画像

試合は3−2で浦和レッズの勝利。
前半にPKを獲得して先制点のチャンスを掴むが、阿部選手が失敗。
逆に前半36分に一瞬のスキを突かれてしまい、広州恒大に先制点を奪われてしまう。

後半になると7分にFW・興梠選手のゴールで同点に追いつくと、がぜん勢いづき、18分には阿部選手が技ありのゴールを決めて逆転。
21分にもPKを今度は確実に決めて一気に3点。
終盤に不可解な判定で1点返されるが、何とか逃げ切っての勝利。

2位・全北現代が勝利した為に、リーグ3位は変わらず。
逆転でのグループリーグ突破の望みは最終節に繋がれました。
画像

雨の中での試合でしたが、レッズのスタイルを貫いての勝利。
前半にPKを外した挙句、一瞬のスキを突かれて先制点を奪われた時はどうなるかと思いましたが、後半の速い時間帯で追いつけたのが大きかったと思います。

ヒーローインタビューは興梠と阿部の2人でしたが、個人的にはマルシオが今日の試合のMOMです。
マルシオがボールを収めて攻撃の起点になっていたし、動きにもキレがありました。
前半のPKもマルシオがもらったのだから、マルシオが蹴るべきだったかな(汗)
画像

画像

それにしても後半の途中から荒れたゲームになってしまった。
相手監督は退席処分。
広州の2点目のシーンは副審がオフサイドの判定をし、その判定を認めたにも関わらず、後になってゴールの判定。
本当に不可解な判定だった。
聞けば、この審判は柏の試合でも不可解な判定をした審判だそうで・・・。
もう、審判の事を触れるのはやめよう。

次はタイ・ムアントンとのアウェーゲーム。
逆転の突破をする為には、まずレッズが勝つ事が第一条件。
その前に週末の清水戦に勝って、タイに乗り込みましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
昨夜は冷たい雨の中でお疲れ様でした。追い詰められた厳しい状況の中で、その厳しい試合を強敵相手に勝利して、何とか首の皮一枚ですが希望が繋がりましたね。

アジアらしいというか、ヘンテコな審判判定で、まあレッズも2度もPKを得た点で恩恵を受けましたが、あのノーゴールからオンゴールに覆るとか、何だか訳が分からない判定にはズッコケましたね。しかしそれに打ち勝つ必要もアジアで勝つ条件だけに、今回は色々とレッズに味方した面が強かったと思います。
とにかく勝てて本当に良かったです・・・
うえ
URL
2013/04/25 19:25
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
後のない状況でしたが、強敵相手に勝てたので、まずは一安心です。
最終戦はタイでのアウェーゲームですが、まずはムアントンに勝つ事ですね。
FREE TIME
2013/04/25 22:41
広州恒大に勝利 グループリーグ突破へ望みつなげる FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる