FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校サッカー 鵬翔が初優勝

<<   作成日時 : 2013/01/19 18:38   >>

トラックバック 1 / コメント 0

第91回全国高校サッカー選手権大会決勝戦。
PK戦にもつれた勝負は鵬翔が制して初優勝を飾りました。

成人の日の14日に予定されていたが、大雪により順延。
中5日空けて雌雄を決する時が来ました。
ともに初優勝をかけた鵬翔(宮崎)vs京都橘(京都)の決勝戦は国立競技場でキックオフ。

試合は前半41分に京都橘がCKからのこぼれ球をDF・林選手がダイレクトシュート。
この強烈なシュートがGKの手を弾いて先制点。
これで京都橘は、今大会6試合で全て先制点。
前半は京都橘1点リードでハーフタイムへ。

後半開始早々に鵬翔が得意のセットプレーから同点。
その後は、再び一進一退の攻防となるが、後半19分に京都橘が仙頭選手が得点王争いでチームメイトの小谷松選手に並んでトップに立つ勝ち越しゴール。

京都橘1点リードで、試合も終盤に差し掛かるが、鵬翔にPKを与えてしまい、これを決められて、再び同点。
そして2−2のまま、90分以内で決着がつかず、延長戦でも決着がつかずに、勝負の行方はPK戦にゆだねられる事に。

PK戦では、京都橘が先頭の仙頭選手がポストに当てて失敗。
今大会4試合目のPK戦に挑む鵬翔は5人全員が決めて勝負あり。
鵬翔が宮崎県勢としても初となる栄冠を手にしました。

予定より5日も延びた決勝戦。
今日はセンター試験があるのですが、両校の選手の中からセンター試験を受ける生徒がいないという事で、この日に割り当てられました。
成人の人はうってかわって晴天の下で試合が行われた事は良かったと思います。

しかし、キー局である日本テレビが番組編成の都合で生中継が出来ず録画中継。
自分も家からTV観戦していましたが、試合が行われる正午から全ての情報を遮断して、自宅でTV観戦していました。
でも、CMから明けた途端に前半39分からの映像を流していたのをみて、PK戦までもつれていた事は予想していました。
やはり、録画中継だと尻切れトンボ状態になってしまいますね。

決勝戦は京都橘が先手を取っては、鵬翔が追い付く展開。
まるで鵬翔の準決勝みたいな試合展開でしたね。

PK戦までもつれた時に鵬翔が勝つと思っていました。
京都橘も初戦の正智深谷戦でPK戦を戦っていますが、鵬翔は実に今大会4試合目のPK戦。
京都橘は先頭で蹴った仙頭君が外してしまったので、この時点で流れは鵬翔にあったのではないでしょうか。

決勝戦は実に素晴らしい試合でした。
両校ともコンディション作りが大変だったとは思うけど、晴れの舞台で自分達のサッカーを存分に発揮してくれたのではないでしょうか。

最後に鵬翔高校、優勝おめでとうございます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第91回全国高校サッカー選手権決勝鵬翔今大会4度目のPKで京都橘を下し宮崎県勢に初優勝をもたらした
19日第91回全国高校サッカー選手権決勝鵬翔対京都橘戦が行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/01/19 22:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
高校サッカー 鵬翔が初優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる