FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS コリンチャンスがCWC優勝

<<   作成日時 : 2012/12/16 22:12   >>

トラックバック 1 / コメント 0

FIFAクラブワールドカップ2012決勝。
クラブ世界一を決める決勝カードは、ヨーロッパ王者・チェルシーと南米王者・コリンチャンスとの対戦。


日本では選挙と重なってしまいましたが、海外から来たサポーターには関係なし。
決勝戦の会場となった横浜国際競技場には6万人を超える観客。
試合前後の新横浜は凄い事になりそうだ。

試合はお互いにカウンターからの攻撃を起点にするが、前半はともにゴールを奪えないまま0−0でハーフタイムへ突入。
後半はコリンチャンス優勢で試合が進み、そして、後半24分に相手ディフェンスを崩して得たチャンスをゴール前に詰めていたパウロ・ゲレーロ選手が頭で決めて先制。

追いかける立場に立ったチェルシーは、コリンチャンスの守備を最後まで崩す事が出来ずに試合終了。
南米王者のコリンチャンスが1−0でヨーロッパ王者のチェルシーに競り勝って、CWC初優勝に輝きました。

中継があった日本テレビでも選挙速報と並行していたので、中継画面も小さくされてしまう扱い。
別に選挙結果なんて試合が終わってから、いつでも報じられるでしょうに・・・。
表彰式も中途半端な形で打ち切ってしまうし、老後の予定は聞かないし・・・。
仕方ない部分があるとはいえ、ちょっと不満が残る中継でした。

それでも試合そのものは白熱していたし、現地の熱い様子はTVからでも伝わっていました。
CWCでは発煙筒使ってもいいんですね(笑)

個人的には、浦和レッズでプレーしていたエメルソン選手がいるコリンチャンスに勝ってほしかったので、コリンチャンスが勝ってホッとしています。
レッズの去り方が最悪だったけど、やはり元気にプレーしている姿を観ると応援したくなります。
元鹿島のダニーロ選手もよくやっていたと思います。

今日の決勝戦は、コリンチャンスのGKが目立っていましたね。
何度かピンチを脱出する好セーブを連発。
中でも1点リードした後半にトーレス選手のシュートを防いだ場面が印象的。
あれで優勝を手繰り寄せたと言っても過言ではないでしょう。

これでCWCも閉幕。
来季は他国で開催されるので、日本のチームが出場するにはACLを制覇しなくてはいけません。
日本代表としてACLに出場する浦和レッズには、是非とも6年ぶりとなるCWC出場を果たしてほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トヨタクラブW杯2012決勝コリンチャンスFWゲレロのゴールを守り切り6季ぶりに南米に栄冠が渡った
16日トヨタクラブW杯2012  決勝南米王者コリンチャンス対欧州王者チェルシー戦が ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/12/16 22:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
コリンチャンスがCWC優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる