FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS サンフレッチェ広島5位でフィニッシュ 南米王者・コリンチャンス勝利

<<   作成日時 : 2012/12/13 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FIFAクラブワールドカップ2012。
5位決定戦でJリーグ王者のサンフレッチェ広島がアジア王者の蔚山現代と対戦。

準々決勝でアフリカ王者・アルアハリの前に惜敗した広島の次の相手は韓国の蔚山現代。
CWCでの日韓戦はおそらく初めてだと思うけど、相手が相手なので負けてほしくない。
前回の試合で負傷退場した西川選手も故障を押しての出場。

試合は前半17分にまさかのオウンゴールで蔚山現代が先制。
しかし、これで広島は目を覚ましたのか得意のパスワークから相手陣営に攻め入る時間帯が増え、前半35分にFKからのこぼれ球を山岸選手が詰めて同点。
前半は1−1で後半へ折り返し。

後半もサンフレッチェがペースを握り、後半11分にサイドからのクロスを佐藤寿人選手が合わせて逆転し、27分にも佐藤選手が追加点となるゴールを決め2点差。
試合終了間際に1点を返されたが、3−2でサンフレッチェ広島が蔚山現代に競り勝ちCWC5位が決定しました。

夕方に行われた試合なのでTV中継もところどころしか見ていないのですが、見事な勝利。
何より韓国のクラブチームに勝てたのは嬉しいです。

いきなりオウンゴールをやらかした時はどうなるかと思いましたが、持ち味のパスサッカーを貫いての逆転勝利。
準々決勝では痛恨のシュートミスをした佐藤選手も2得点。
あの大相撲のゴールパフォーマンスは外した気がしますけどね・・・。

CWC5位でフィニッシュしたサンフレッチェ広島。
既に天皇杯は敗退しているので、今季はこれで全日程終了です。

夜に行われた南米王者・コリンチャンスとアフリカ王者のアルアハリが激突。
コリンチャンスにはかつてJリーグでプレーしたエメルソン選手(元浦和)やダニーロ選手(元鹿島)が在籍しています。

試合は前半30分にセットプレーの流れからパオロ・ゲレーロ選手が頭で合わせて、コリンチャンスが先制点を挙げる。
結局、これが決勝点となりコリンチャンスが南米王者の貫録を見せて決勝進出を決めました。

コリンチャンスの得点は1点のみですが、堅い守備でアルアハリを抑えての勝利。
南米王者にしては力強さが欠けるような気がしますが、決勝戦ではどのような試合をするのか興味深いです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
サンフレッチェ広島5位でフィニッシュ 南米王者・コリンチャンス勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる