FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人が3年ぶり日本一へ王手も大誤審起きる

<<   作成日時 : 2012/11/01 22:52   >>

トラックバック 1 / コメント 0

2012年日本シリーズ。
札幌ドームにて北海道日本ハムファイターズvs読売ジャイアンツの第5戦。

ジャイアンツが2連勝した後で、ファイターズが2連勝で対戦成績は2勝2敗のタイ。
ファイターズが昨日のサヨナラ勝ちの勢いそのままに、本拠地で3連勝して一気に王手をかけるか。
それともジャイアンツが敵地で1勝して王手をかけるか。

先発はファイターズ・吉川、ジャイアンツ・内海の両左腕。
初戦と同じ顔合わせ。

試合はジャイアンツが2回にボウカー選手が初戦に続いて吉川投手からホームランを打って2点先制。
3回にも集中打で3点を加えて吉川投手をKO。
その後も着々と得点を重ねて2ケタ得点となる10点。

ジャイアンツの先発・内海投手も序盤こそファイターズ打線につかまったが中盤から立ち直って8回を投げて2失点の好投。
結局、10−2でジャイアンツが大勝。
対戦成績を3勝2敗として、3年ぶりの日本一に王手をかけました。

初戦と同じ先発投手。
しかし、ジャイアンツは阿部選手がベンチ入りしたがスタメン落ち。
全体的なオーダーでも、これで点が取れるのかと思ってしまうようなスタメンでしたが、まさか10点も取るとは思いませんでした。
やはり勝負事はやってみなければわからないものです。

尚、この試合でとんでもない誤審が試合中に発生。
それは4回のジャイアンツの攻撃で無死一塁の場面において、加藤選手に投げた初球が顔の近くを通過するボール。
最初はファールのジャッジだったが、その後に死球に変わり、多田野投手にいたっては危険球退場。
このシーンはTVで見ていたけど、一体、何が起こったのかわかりませんでした。

VTRで見ても体には当たっていないし、バットにも当たっていないように見えました。
要するに最初のファールのジャッジも誤審になるのかな?
加藤選手が何で痛がっているのかも自分には良くわからなかった。
温厚な栗山監督が、かなり激高していたけど、怒りたくなるのもわかるような酷いジャッジだと思います。

この判定によって試合は異様な雰囲気にエスカレートし、5回表の加藤選手の打席でファイターズファンから大ブーイング。
温かいと言われる札幌のファイターズファンにしては珍しかったですね。
でも、このブーイングが逆にファイターズの投手にプレッシャーを与えてしまったようで、加藤選手に甘い球を痛打され2点タイムリー。
サッカーも観ている側からして言わせてもらうと、ブーイングにも時と場面が必要なんですよね。
ファイターズファンには、それがわかっていなかったようです。

その次の長野選手の死球は報復だったのだろうか。
ホームベースから離れて立っている打者に対して2球続けて膝の近くにボールを投げていましたからね(汗)
長野選手の負傷退場後のファイターズファンの拍手も何だったのでしょうか?

1つの誤審によって日本シリーズという神聖な舞台が荒らされてしまったのだが、この試合の勝敗を分けたのは吉川投手の乱調です。
リーグ防御率1位の投手が2試合続けてKOされたのだから、ファイターズにとっては大誤算だった筈。

札幌でも3連戦はファイターズの2勝1敗。
1日空けて6戦から舞台を再び東京ドームに移して行われます。
王手をかけたジャイアンツが一気に行くか、それともファイターズが逆王手をかけて最終戦に決着をつけるのか。
自分も6戦は東京ドームに行くので、5戦と違ったいい試合を期待したいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ベースボール増刊 2012読売ジャイアンツ優勝記念号 2012年 10/13号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本シリーズ12第5戦巨人脇役の大活躍で大勝し3年ぶり日本一へ王手!
1日プロ野球日本シリーズ2012北海道日本ハム対巨人第5戦が札幌ドームで行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/11/07 06:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
巨人が3年ぶり日本一へ王手も大誤審起きる FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる