FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴール前の精度が足りずスコアレスドロー

<<   作成日時 : 2012/10/27 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第30節。
3位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてセレッソ大阪との対戦。

今シーズンも残り5試合。
前節敗れて今シーズン初の連敗で、首位・2位との勝ち点差は6。
現在の順位をキープしつつ、逆転優勝をする為には、もう負けられない戦い。
画像

今晩は、東京都内で某イベントがあるので、参戦は見送ろうかと思ったのですが、14時キックオフだし連敗中でもあるので埼スタへ参戦を決意!
この試合から再入場が可能になったので、南広場でのイベントも近くで見れる事が出来ました。
今後も継続してほしいです。

さて、試合の方へ。
試合はレッズが前半・後半共に優位に試合を進めるが、ゴール前での精度に欠き得点を奪えず。
逆にセレッソのカウンターでヒヤリとする場面があったが、こちらも精度に欠き、結局スコアレスドローで試合終了。

首位・広島、2位・仙台ともに引き分けたので勝ち点差6は変わらず。
逆に4位に浮上した清水との勝ち点差が1に縮まってしまいました。
画像

攻撃では形を作りながらも枠にいかないシュートが多く、ゴールに近づけば近づく程にバタついたボール回し。
ゴールかと思ったらオフサイド。
相手も守備を堅めていたとは言え、もっとアイデアのある攻撃があればゴールを奪えたような気がします。

この試合で永田、宇賀神の両選手が負傷交代。
平川選手も故障でベンチから外れるなど、ここに来て故障者も増えているのが気がかりですね。

その永田選手の交代要員としてCBに入った山田暢久選手。
久しぶりの試合出場ながら安定した守備で無失点に貢献。
こういう時には頼りになる人です。
画像

次節はアウェー・等々力競技場にて川崎フロンターレとの対戦。
平日開催なので行けるかどうか微妙だが、相性のいい等々力。
決していけない距離ではないので、時間の都合があえば後半からでも参戦しようと思います。
相手監督の親バカぶりも確かめたいので(爆)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2012年 11月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。ゴール前で、積極的な姿勢と、空回りしている姿の両面が見えた試合でしたね。それでもシュートを撃つ必要性は持ってほしいと毎回思っているので、今回そこは良かったと思います。ただ問題は・・・いくら撃っても撃っても枠に飛ばないんですよねぇ・・・せめて前半のマルシオの位は枠に飛ばしてほしかったですが・・・
うえ
URL
2012/10/28 09:15
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
ゴールへの意識は見えましたが、点が獲れない事には空回りですね。
自分も前半のマルシオのシュートは入ったと思っただけにバーに嫌われたのが悔やまれます。
ここに来て得点力不足が顕著になってしまっているのが不安です。
FREE TIME
2012/10/28 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴール前の精度が足りずスコアレスドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる