FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンバに5失点を奪われ惨敗

<<   作成日時 : 2012/09/22 21:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第26節。
3位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてガンバ大阪との対戦。

相手は16位に低迷しているチームだが、得点力はリーグトップクラス。
反面、失点もリーグトップクラスだから、今の位置にいるわけですが。
優勝争いをしていく上でも、ホームで負けられない相手。
スタメンは前節と同じ。
画像

スタジアム入りした時に、万博競技場で販売していると言われる、たこ焼き屋が埼スタに出張販売。
店の名前は「道頓堀くくる」だそうです。
看板に、「Jリーグ スタジアムグルメ殿堂入りの一品」と書かれていて、来年は対戦しないかもしれない(爆)事から大たこ焼き(550円)を買って食べてみることに。

味は本場・大阪の味と言う程、中がトロリとしていて、食べやすかった。
勿論、味も良かったです。
公式HPをチェックしていると、新三郷のららぽーとにも店舗があるようですw
画像

さて、試合結果を簡潔に述べると5−0でガンバ大阪の勝利。
前半に2点、後半に3点と、持ち前の攻撃力が爆発しレッズの守備陣を粉砕。
敗れたレッズは順位こそ3位をキープしていますが、首位・広島、2位・仙台と勝利した事で、優勝争いから一歩後退。

今季最多の46,046人の観客が集まった試合だったのに、今季最悪と言うにふさわしい出来。
中盤でのパスミスが目立ち、シュートも枠に飛ばず。
そして、守備は同じパターンで失点を繰り返す悪循環。
どっちが3位で、どっちが16位なのかわからないような試合内容と結果でした。
救いは埼スタまで出張販売してくれた、たこ焼きの味くらい(^^;)

ガンバの戦い方を見ていると、レッズへ対策が充分に練られていたようでした。
パスコースを読み、シュートを撃たすことすら出来なかった。
対するレッズは前半だけでも、あれだけ守備が崩されていたのに、後半になっても守備の修正は全くなし。
特に2点目から5点目までのゴールはゴール前で完全フリーにした状態での失点。
4点目を決められたあたりからゾロゾロと帰る人が多かったけど、ホームで、あんな酷いパフォーマンスでは、また客は離れていってしまいますよ。
画像

正直、今日の敗戦は今後に向けてダメージの残る敗戦だと思う。
守備だけでなく攻撃もいいところがなかったのだから。
でも、この試合は終わった事なので、次に向けて切り替えていくしかありません。

次節は、アウェー・国立競技場にて柏レイソルとの対戦。
レイソルにもガンバ同様に強力な外国人ストライカーがいるし、昨年の優勝チームでもある。
啓太が出場停止になりますが、優勝争いに残る為にも連敗は絶対に許されないですよ。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2012年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。せっかくのホーム大観衆で、またやってしまいましたね。こういう悪い癖は、監督が変わろうと選手が入れ替わろうと、やはり治らないもんなんですねぇ・・・
なんだか2年前の最終節・神戸戦の悪夢を観ているような失点劇でした・・・
うえ
URL
2012/09/23 09:14
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
せっかくの大観衆の前で、とんでもない試合をやらかしてしまいました。
まぁ、昨日のガンバは何処が相手でも勝っていたかもしれませんが。
自分も一昨年の最終節が思い出してしまいました。
次節までに守備の修正を施してほしいです。
FREE TIME
2012/09/23 10:48
ガンバに5失点を奪われ惨敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる