FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人が3年ぶり34回目のリーグ優勝

<<   作成日時 : 2012/09/21 23:35   >>

トラックバック 1 / コメント 0

巨人が3年ぶり34回目のリーグ優勝を達成しました。

マジックを1として東京ドームに戻ってきたジャイアンツ。
今日からスワローズとの3連戦。

元々、今日の試合のチケットを入手していたので、仕事帰りに観戦。
ジャイアンツがドラゴンズの結果関係なしに優勝を決められる事が出来るか。
先発はジャイアンツ・内海、スワローズ・村中の両投手。

試合は、ジャイアンツが2回に阿部選手のソロホームランで先制し、3回にも阿部選手のタイムリーなどで2点を追加。
1回を返された直後の4回裏にスクイズで追加点。

しかし、スワローズが5回に二死から連打で一、二塁として3番・宮出選手の3ランホームランが飛び出して同点になり、試合は振り出しに。

4−4もまま6回にジャイアンツが一死満塁から長野選手が2点タイムリーを打って勝ち越し。
この2点のリードを7回・福田、8回・山口、9回・西村の3投手が抑えて勝利。
この瞬間にジャイアンツの3年ぶり34回目のセ・リーグ優勝が決定。
2位に11ゲームの差をつける圧倒的強さを優勝でした。
画像

画像

開幕ダッシュに失敗し、4月には最大で借金7まで負け越し、単独最下位にもなったジャイアンツ。
交流戦前に5割に戻してからは、交流戦でもセ・リーグのチームとして初優勝するなど投打に相手を圧倒。
5月以降でのカード負け越しはドラゴンズとの3カードのみ。
そのうちチーム状態が落ちて負けが込む時期があると思っていたけど、全くと言っていい程なかったですね。
それだけチームとして充実したいた証拠でしょう。

MVPを挙げるとすると、やはり阿部選手になりますか。
三冠王の射程圏内だし、キャプテンとしてのチームを引っ張る姿も素晴らしい。

ジャイアンツの強さもさることながら、今季は他のチームが弱かったのも独走となった要因。
唯一、ドラゴンズだけがジャイアンツに食い下がったけど、連覇を達成した昨年までと比べると故障者も多くチームとしても機能していない部分がありました。
監督とコーチが試合中に口論している姿がTV中継に晒されるわけですからね。

ただし、リーグ優勝はあくまで通過点。
この先にはクライマックスシリーズ、日本シリーズと戦いが残っています。
もっとも、1位と2位の差、2位と3位の差がどれぞれ10ゲーム以上離れているのにCSをやる意味があるのかなと思ってしまいますけどね。
少なくとも2位に1勝分のハンデをよこせなんて言っている監督がいるようですが・・・。
画像

セ・リーグはジャイアンツの優勝が決まりましたが、パ・リーグはまだ優勝争いが加熱中。
今日から行われてるライオンズvsファイターズの直接対決が優勝争いの行方を決めそうな気がします。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 結果が出ない時こそ前向きにリーダー原辰徳84の言葉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
巨人12粘り強い戦いを最後まで導き通し3年ぶり34回目のリーグ優勝を達成し次の目標のスタートを切った
21日巨人対東京ヤクルト戦が東京ドームで行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/09/22 09:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
巨人が3年ぶり34回目のリーグ優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる