FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂本選手の逆転3ランでマジック6

<<   作成日時 : 2012/09/14 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3連休前の金曜日。
今晩は仕事帰りに東京ドームにて巨人vs阪神戦を観戦してきました。

優勝へのマジックを8としているジャイアンツ。
一方で金本選手が引退を表明し、チームも5位と低迷しているタイガース。
今季は東京ドーム未勝利のタイガースにとって、最後となる東京ドーム3連戦。
先発はジャイアンツ・杉内、タイガース・岩田の両左腕。

試合はタイガースが杉内投手の立ち上がりを攻めて、いきなり2点を先制。
タイガースの先発・岩田投手は、打たせて取る投球でジャイアンツ打線を6回まで無失点に抑える好投。
タイガース2点リードのまま、試合は終盤へ。

7回表にタイガースが一死三塁と追加点のチャンス。
ここで小宮山選手が初球スクイズを敢行するが、フライを上げてしまい最悪のダブルプレー。
ピンチを脱したジャイアンツは、その裏に谷選手の通算350本目となる二塁打を皮切りに、二死一、三塁のチャンス。
ここで3番・坂本選手がレフトスタンドに飛び込む逆転3ラン。

このリードを山口-西村のリレーで逃げ切り、ジャイアンツが3−2で逆転勝ち。
2位・ドラゴンズも敗れた事で優勝へのマジックを6にしました。
画像

立ち上がりから出来が今一つの杉内投手に対して、快調な投球を続けたいた岩田投手。
しかし、勝利投手は杉内で、敗戦投手は岩田。
一振りで試合の流れを変えられる野球の醍醐味を味わう試合でした。

7回にホームランが出れば逆転の場面で坂本選手が打席に立った時は、2年前に観戦した試合を思い出しましたが、その時と同様に逆転ホームラン。
まさに鳥肌が立つような一打でした。

試合の流れを変えたプレーとなると、その前のスクイズ失敗。
ジャイアンツバッテリーも無警戒だったようで、簡単にストライクを取りに行ったようなボールでしたが、そのストライクのボールを打ち上げてしまい、しかもゲッツー。
三塁走者の新井選手の戻りの遅さもゲッツーの要因でした。

引退を表明している金本選手を観ることが出来なかったのも残念。
どうせなら新井兄のところで代打・金本でも良かったのではないのでしょうか?

そして、試合後のタイガースファンはお決まりのメガホン投げ捨てに、球場外でもファン同士のケンカ。
タイガースにとって、今季の東京ドームは残り2試合だが、このまま未勝利で終わったらタイガースファンも黙っていなさそうで怖いですよ。
画像

ジャイアンツの優勝は、来週のナゴヤドームのドラゴンズ戦か、東京ドームのスワローズ戦のいずれかになりそうです。
一方のパ・リーグは3チームの優勝争いは最後までもつれる事は必至で最後まで目が離せない展開になるでしょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坂本勇人―読売ジャイアンツ (スポーツアルバム No. 25) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
坂本選手の逆転3ランでマジック6 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる