FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 小山投手がプロ初勝利

<<   作成日時 : 2012/08/31 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月も今日で終わり。
まだまだ暑いですね。

今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦しました。
セ・リーグはかつて着用していたユニフォームを着て戦うシリーズになります。
ジャイアンツは原監督がプロ1年目で日本一に輝いた1981年、ベイスターズは日本一に輝いた1998年のユニを着ての試合。

先発はジャイアンツ・小山、ベイスターズ・国吉の両投手。
試合は初回にジャイアンツが4番・阿部選手の犠牲フライで先制。
その後は両先発投手の投げ合いで1−0のまま終盤に突入し、7回にジャイアンツが追加点を取って2点リード。

ベイスターズは8回にジャイアンツの2番手・山口投手から3連打で1点を返して、尚も無死二、三塁と一打逆転のチャンスを作るが山口投手が踏ん張って1点止まり。
結局、ジャイアンツがそのまま逃げ切りマジックを23に減らしました。
先発・小山投手はプロ初勝利。

お互いに昔のユニフォームを着て戦うとの事で興味本位で東京ドームまで足を運びました。
ベイスターズは14年前なので記憶にあるユニですが、ジャイアンツのユニは随分とクリーム色がかっていたユニでしたね。
応援でもかつて在籍していたOB選手の応援歌を流してから今いる選手の応援歌を流すといったもの。
ベイスターズは今の応援スタイルを徹底したけど。

ジャイアンツの先発・小山投手の好投が光った試合。
縦の変化球が低めに決まり好調のベイスターズ打線を7回3安打無失点に抑える内容。
7回に一打逆転のピンチを背負った場面でも、ベンチはそのまま続投し、小山投手もそれに応えてピンチを脱するのは見事でした。
同期入団に澤村、宮國といますが、今日の内容を継続すれば期待が持てると思います。

ベイスターズのユニを着て指揮する中畑監督を生で観るのは初めて。
8回の抗議の場面などを見ていると、熱い人なのは相変わらずである事を確認する事が出来ましたよ♪
中畑監督率いるベイスターズにはタイガースを抜いて最下位の指定席から抜け出してほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
小山投手がプロ初勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる