FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 後半ロスタイムに追いつかれ、またしてもドロー

<<   作成日時 : 2012/07/01 10:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第16節。
3位・浦和レッズは、アウェー・長居スタジアムにてセレッソ大阪との対戦。

セレッソとはナビスコ予選で対戦し、その時は大敗している相手。
相手にとってはドイツ移籍が決まっている清武選手の壮行試合でもあり、清武選手含め強い気持ちを持って戦ってくる事が予想される戦い。
しかし、レッズにとっても首位との勝ち点差を引き離れれない為にも負けられない戦い。

スタメンに鈴木啓太選手と平川選手が復帰。
FWは原口選手の1トップ。

前半はレッズが主導権を握り細かいパス回しからセレッソディフェンスを翻弄し、前半20分に鈴木啓太選手のゴールで先取点。
その後は、先取点を取られたセレッソが反撃jに出て、後半は終始セレッソペース。

防戦状態のレッズは何とか1点のリードを守っていたが、後半もロスタイムに追いつかれ、そのまま1−1で試合終了。
お互いに勝ち点1を分け合う形になりました。
仙台vs広島戦の首位攻防戦がドローに終わった事で上位との勝ち点差は変わらなかったけど、磐田と柏に勝ち点で並ばれ、得失点差で下回るので5位に転落しました。

この試合はNHK-BSで中継されていたのでTV観戦をしていましたが、大阪はドシャ降り。
選手もサポーターも大変だったかと思います。
清武選手の壮行試合に、マンUへの移籍が決まった、元セレッソの香川選手も駆けつけている為か、セレッソサポも多くスタジアムに集まったようですね。
レッズ戦とはいえ、3万も集まったわけですから。

前半はレッズペースで展開され、先制点のゴールは完璧に相手のディフェンスを切り崩してのゴール。
しかも、決めたのは啓太。
復帰初戦で見事なゴールを決めるとは、大したものです。

しかし、その後はセレッソペース。
GK・加藤選手の好守もあって何とか1点のリードを守っていましたが、FC東京戦同様に後半ロスタイムに追いつかれてのドロー。
勝利を手中にしていただけに悔やまれるドローとなりました。

しかし、1点を守れなかった事よりも追加点を挙げられなかった事の方が痛かった。
特に後半途中から入ったランコが完全な決定機を外してしまった事により、相手を勢いづけせてしまった部分があります。
もうじき、レッズに加入して1年経つランコですが、契約更新は難しいでしょうね。

ナビスコではレッズを決勝進出に導いた立役者ではありますが、リーグ戦では今年のホーム開幕戦で決めた1点のみ。
エジを切ってまで獲得した選手がこれでは・・・。
当時のGMには、本当に腹が立ってしまいます。

これから上位に踏みとどまる為には得点力アップが課題。
リーグ戦で3点以上取った試合がないので、外国人FWの獲得も考えた方がいいでしょう。

次節はホーム・埼玉スタジアムにてサガン鳥栖との対戦。
昇格チームとはいえ得点力もあり油断の出来ない相手。
その日、自分は所用があり不参戦ですが、昇格初年度のチームに埼スタの雰囲気に飲み込まれるような雰囲気を作ってあげてほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
昨夜大阪より帰還しました。
2週間前の万博から急転直下の気分ですが、それにしてもおっしゃる通り、少ないながらもビッグチャンスがありながら、それで追加点を挙げられなかった事も大きな原因で、それが結果的に悔しいドローを生んでしまったと言える内容でしたね。

補強は・・・必要ですね。
うえ
URL
2012/07/02 18:24
 >うえさん
こんばんは。
大阪遠征お疲れ様です。
2度とも雨の中での参戦になってしまいましたね。
追加点のチャンスがありながらも奪えなかった事が、最後に響いてしまいましたね。
やはり夏の移籍市場では外国人FW獲得に動くのが得策ではないかと思います。
FREE TIME
2012/07/02 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
後半ロスタイムに追いつかれ、またしてもドロー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる