FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人に交流戦優勝マジック2が点灯

<<   作成日時 : 2012/06/13 23:05   >>

トラックバック 1 / コメント 0

プロ野球セ・パ交流戦も、残り2カード。
優勝争いにも注目が集まります。

巨人8−6北海道日本ハム
交流戦首位に立つジャイアンツ。
セ・リーグのチームとして初優勝を目指すべく、交流戦3位のファイターズと札幌ドームで対戦。
先発はファイターズ・斎藤、ジャイアンツ・内海の両投手。

初回からジャイアンツが毎回安打などでチャンスを作るが、斎藤投手の前にあと1本が出ずに4回まで無得点。
しかし、5回に長野選手の2ランで先制し、その後、更に1点を追加。
6回にも谷選手のタイムリーで1点を追加し、斎藤投手をKO。
7、8回にも得点を重ね、8−1と7点のリード。

交流戦の逆転優勝の為に負けられないファイターズが8回裏に反撃を開始し、2点取って、更に陽選手に3ランが出て8−6と2点差に追い上げる猛攻。
しかし、ジャイアンツが山口投手を投入しファイターズ打線の勢いを止めて、試合終了。

ジャイアンツが8−6でファイターズに勝利。
楽勝から一転して辛勝となってしまったが、この時点で交流戦の優勝マジック3が点灯しました。

投打でジャイアンツがファイターズを圧倒していた試合ですが、8回裏の反撃で、それも薄れてしまった感じ。
高木投手は、7点リードしているとは思えないようなボール連発の投球。
その悪い流れを止められずに3ランまで打たれた福田投手。
まるで「俺達」の仲間入りでもしたかのような酷い投球内容でした。

今になって思うと、8回も内海投手を行かせても良かったと思います。
当分、登板機会がなく、明日からでも登録抹消されるのだから(汗)

千葉ロッテ3−3広島
交流戦逆転優勝する為には、残り5試合負けられない交流戦2位のマリーンズ。
本拠地・QVCマリンフィールドにて、今日からカープとの2連戦。
先発はマリーンズ・グライシンガー、カープ・野村の両投手。

試合は4回にマリーンズが3本のタイムリーヒットで3点を先制して、カープの先発・野村投手をこの回限りでKO。
マリーンズの先発・グライシンガー投手は、制球が安定して、7回までカープ打線を無失点に抑える好投。
しかし、8回に一死から連打を打たれたところで、マリーンズベンチは継投策に。

この継投が裏目に出て、益田投手がカープ打線につかまり2点を奪われて1点差に詰め寄られてしまい、9回には抑えの藪田投手が1点のリードを守れず同点とされて試合は延長に。

延長10回でも決着がつかずに、規定の3時間30分を超えて試合終了。
3−3にドローで、マリーンズは痛い星を落としてしまいました。
これでジャイアンツの交流戦優勝マジックは2に減りました。

一昨日のジャイアンツ戦では継投に失敗して4点のリードを逆転負けされてしまいましたが、今日も継投に失敗して3点のリードを守れず。
2試合続けて、同じ失敗をしているので、チームの流れも悪くなっていきそうです。

一方で明るい話題もあり。
今日から1軍登録された荻野選手が、延長10回裏に、さっそく代走で出場。
いきなり二盗を決めて、持ち味を充分に発揮してくれました。
今後は代走でも起用が増えると思いますが、足だけでも観客を魅了出来る選手なので、自分の持ち味を大きくアピールしてほしいです。

明日も交流戦6試合。
明日の試合で、ジャイアンツが勝って、マリーンズが負ければ、この時点でジャイアンツの交流戦優勝が決まります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
8点もとっていて負けていると同義の試合をしているようでは
交流戦どころかシーズン優勝などおこがましいでしょう… →Yomiuri Giants Official Web Site: 6月13日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム Yomiuri Giants Official Web Site: 6月1 ...続きを見る
ピア 徒然見聞録
2012/06/14 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
巨人に交流戦優勝マジック2が点灯 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる