FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和レッズ2011年総括

<<   作成日時 : 2011/12/28 20:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今年も残すところ、あとわずかですが、浦和レッズの2011年を総括したいと思います。

新監督としてゼリコ・ペトロビッチが就任し、補強面でも、マルシオ・リシャルデス、永田、原、青山、マゾーラが加入し、新人として前橋育英高校から小島秀仁選手が入団。
積極的な補強なのはわかるけど、この時点で補強ポイントがずれているのが誰の目からも明らかで、シーズンが始まる前は不安の方が大きかったです。

そして、いざシーズンが始まると不安は現実のものに・・・。
PSMでは内容も結果も伴わず、開幕戦でも黒星発進。
新監督の要求したものも、前線の選手はサイドに張り付かせ、繋ぎも中盤省略の放り込み重視。
昨年とは違うサッカーどころか、まるで異次元のスポーツを観ているかのような錯覚に見舞われました。

ホーム開幕戦前日に東日本大震災が発生して、1ヶ月以上の中断。
そして再開後の最初の試合で、昨年の優勝チーム・名古屋グランパスに3−0と快勝したが、その後はGW3連敗を含め9試合勝利なし。

そして個人的に今季ワーストゲームに挙げたい16節のホーム・清水戦。
ペトロの奇天烈乱心采配によって、選手との間に亀裂が生じて1−3の惨敗。
本来なら、この試合直後に監督解任の決断をすべきだったところを、フロントが決断したのは監督続投。
そして、今シーズン不振ながら得点力のあるエジミウソン選手の中東放出。
自分は、この時点で、J2降格を覚悟しました。

7月は無敗で乗り切るなど順位を上げていったけど、8月から再び勝てなくなり、9月の山形戦敗戦後の柱谷GMを解任。
そして10月の大宮戦で負けて16位に転落して、試合後に、今季限りで辞めると宣言したペトロに対して解任通告。
本当に何から何まで対応がメチャクチャでした。

ユースの堀監督が後任に就任して順位を15位に引き上げて、何とかJ1残留は果たしたが、最終節で柏レイソルの優勝を献上する屈辱。
本当に辛い2011シーズンでした。

今季のリーグ戦の成績は8勝14敗12分。
カップ戦はナビスコ杯準優勝、天皇杯ベスト8。
ナビスコ杯以外は記憶の片隅から消したいシーズンですよ。

補強選手が期待を裏切る誤算もあったけど、何といっても今シーズン不振の最大の原因はペトロ采配と、そのペトロを監督にしたフロントの後手後手の対応の2つに尽きます。
フィンケ前監督の目指したサッカーを継続すると言っておきながら、いざ、始まっているとフィンケスタイルの影も形もなし。
オランダスタイルなどと言っていたが、本当にオランダがあんなサッカーをやっていたのだろうか?

試合の采配にしても、ベンチ入りの選手や交代枠の使い方などがメチャクチャで、途中からは、最早、采配などと呼べるような代物ではなくなっていた。
もし、最後まで続投させていたら、降格していたと思います。

そもそも、何でペトロだったのか?
観客動員を増やす為にOBという理由だけで監督にしたのだったら、あまりにも浅はかです。
降格したら観客増とか黒字とか、全く意味がなくなるのだから。

今季の観戦はリーグ戦16試合、ナビスコ2試合、トレーニングマッチ1試合を観戦。
観戦成績は5勝8敗6分。
アウェーは3試合観戦(仙台、川崎、鹿島国)

アウェーグルメは以下の通り
仙台・・・カキフライ定食、牛タン定食
川崎・・・塩ちゃんこ
鹿島国・・・モツ煮

来シーズンは、今季までサンフレッチェ広島の監督だったミハイロ・ペトロビッチ氏が浦和レッズの新監督に就任。
スタイルとしてはフィンケに近いと思うが、広島時代のように3バックで臨むのか。
そして、補強面は進んでいるのか。
フロントがフロントだけに、大きな期待は出来ないのがサポとして辛いです。

最後に、今シーズンも共に戦った同志の皆様、大変お疲れ様でした。
来シーズンも厳しいシーズンになる事は必至ですけど、そういう時こそ後押しするのが真のサポーターだと自分は思います。
失われつつある埼スタの熱気を取り戻していきましょう!


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズ2011年全記録―速報グラフ〈VOL.12〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

今年の浦和は本当に1番懸念されたボランチの補強をしなかった事が最後まで響いたシーズンでしたね。もしマゾーラではなくボランチに攻守に能力がある外国人がいたら引き分けが勝ちに繋がった試合が何試合もあったでしょう。
結論から言えば監督の目指すサッカーとメンバー構成に無理があったという事になりますね。あのシステムだとダニウソンのようなアンカーか遠藤のような司令塔が必要ですからね。
補強面ですか・・・うちみたいに3人の主力が抜けて若手中心の構成にしなければならないチームよりもお金で選手を獲れる訳で今年こそボランチとCFでしょう。CBはいるし、SHも問題ないがGKは・・・加藤じゃ厳しいかな?うちは1億の移籍金とレンタル料で誰が獲れるのか難しいところですがお金があるだけに希望する選手が獲り易いと前向きに捉えるべきでしょうね。
来季はお互い1桁順位に食い込みたいところですね。
PGM21
URL
2011/12/29 00:46
>PGM21さん
本当に散々なシーズンでしたが昨オフからのフロントの動きを見ると想定内の結果だったかなと見ています。
ペトロの掲げようとしたスタイルでは遠藤でも小笠原でも機能しなかったでしょう。
それ程、理解しようがないものでした。
ボランチの補強は必要なのですが、加入が噂されるのが、またしても2列目の選手。
フロントには何も期待出来ません。
ボランチは小島、青山の若手の台頭に期待したいと思います。
FREE TIME
2011/12/30 09:19
今シーズンも、大変お疲れ様でした。そして今年もプログで大変お世話になりありがとうございました。

本当にお疲れなシーズンになってしまいましたし、残留争いという現実を叩き付けられた厳しいシーズン、そしてそれを勝ちきったシーズンでもありました。
自分はこれを有意義に捉えたいですし、レッズ自体がここから学んで、成長し直さないといけないと思います。それが出来るか出来ないか、来季はそれが問われるシーズンになると思います。

現実的には、まだまだ厳しい部分ばかりですが、サポートの本質を忘れず、また来季も頑張りましょう!
うえ
URL
2011/12/30 15:39
 >うえさん
今シーズンもお世話になりました。
そして、お疲れ様でした。
あんな酷いサッカーをしながら残留出来たのは、前向きに捕らえようと今は思っています。
来季も新監督になるけど、フィンケと同じスタイルのサッカーを広島でやっていたので戦術浸透には時間がかからないのかな(笑)
来シーズンも宜しくお願いします。
FREE TIME
2011/12/31 17:11
浦和レッズ2011年総括  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる