FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年交流戦も二回り目

<<   作成日時 : 2011/06/03 23:09   >>

トラックバック 1 / コメント 0

交流戦も二回り目に突入。
今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsイーグルスの試合を観戦しました。

ともに貧打に喘ぐ両チーム。
交流戦最初のカードだった仙台での2連戦はジャイアンツの2連勝だったが、東京ドーム2連戦ではどのような結果になるか。
先発はジャイアンツ・東野、イーグルス・塩見の両投手。
画像

試合は、初回に両チーム1点ずつ取り合い、2回以降は両投手の投げ合いで1−1のまま、試合も終盤へ。
6回にイーグルスが二死から連打で一、三塁のチャンスを作るが勝ち越し点を奪えず、一方のジャイアンツがどの裏に4番・ラミレス選手にホームランが飛び出して勝ち越し。
更にイーグルスのミスに乗じて1点を追加。
7回にもジャイアンツが長野選手のタイムリーで1点を追加してダメ押し。

9回にイーグルスが1点を返すが、試合は4−2でジャイアンツが勝利し、今季のイーグルス戦3連勝。
同時に今年の交流戦で東京ドーム初勝利を飾りました。
画像

この試合はエコナイターと銘打って、ドーム内の空調を抑えての試合。
昨年もエコナイター開催時に観戦していますが、実際にドーム内は気持ち蒸し暑かったです。

勝敗を分けたポイントとなると、あはり6回表裏の攻防ですね。
イーグルスが6回に二死から連打で、1ヶ月以上も勝利から遠ざかっている東野投手を攻めながら勝ち越し点を奪えず。
逆に、その裏にラミレス選手に初球の不用意な甘い球を痛打されて勝ち越し点を奪われ、その後もバタバタした継投策で追加点を奪われる悪循環。
イーグルスのベンチワークにも疑問を感じた試合でした。

尚、この試合で8回表に1軍登録されたばかりの松本選手が守備固めとしてセンターで出場。
松本選手がセンターの守備に就いた時の球場の盛り上がりは凄かったですね。
そして、いきなり松本選手の所に打球が飛ぶし、代わった所に打球が飛ぶとは、良く言ったものですw
画像

他球場の結果では、交流戦負けなしだったホークスが甲子園でタイガースに敗れて今季交流戦初黒星と同時に連勝も10でストップ。
ホークスは先発・ホールトン投手の不調だったようですが、やはり甲子園独特の雰囲気に呑まれてしまったのでしょうか(謎)

そのホークスを追いかけるパ・リーグ2位のファイターズはセ・リーグ首位のスワローズに9−0で大勝。
これでファイターズは5試合連続完封勝利。
相手が由規投手だっただけに、この一方的なスコアは意外でした。

一方で無得点記録を継続中だったカープは、今日も6回まで無得点で50イニング無得点の不名誉なリーグ記録を更新。
試合にも敗れて7連敗。
貯金を一気に使い果たして借金生活に突入してしまうとは・・・。
広瀬選手が抜けただけで、こんなに変わってしまうものでしょうか(汗)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2011年 07月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
巨人4−2東北楽天 東野もようやく2勝目!
◆巨人×東北楽天3回戦  東京ドーム 楽天100 000 001=2 巨人100 002 10x=4 巨人3勝 (楽)塩見、美馬、有銘、サンチェス、小山−嶋 (巨)東野、久保、アルバラデボ、ロメロ−阿部 【勝】東野2勝5敗 【S】ロメロ2敗11S 【敗】塩見1勝2敗... ...続きを見る
せたがやたがやせ
2011/06/04 14:11
2011年交流戦も二回り目 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる