FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 清水エスパルスと鹿島アントラーズが決勝進出

<<   作成日時 : 2010/12/29 22:30   >>

トラックバック 3 / コメント 0

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会も準決勝。
元日の国立のピッチの立つのは、どのチームか?

エコパスタジアムでは清水エスパルスvsガンバ大阪との対戦。
史上初の天皇杯3連覇を目指すガンバ大阪は司令塔の遠藤選手が不在。

試合は立ち上がりから清水ペースで進み、前半19分にヨンセン選手が頭で合わせて先制し、28分にも兵動選手が追加点となるゴール。
後半にも清水が1点を追加して3−0とガンバを圧倒し、5年ぶりとなる天皇杯決勝進出。
ガンバ大阪の天皇杯3連覇を阻止しました。

今日は仕事納めで、この試合はBSの録画中継で観ましたが、終始エスパルスペースでしたね。
今季限りでチームを去るヨンセン選手が2ゴール。
清水にとって彼の高さは大きな武器だと思うが、来季から、その武器がなくなるのだから、大変になると思いますよ。

一方、3連覇の夢が断たれたガンバ大阪。
清水に中盤を支配されていた事を考えると、やはり遠藤不在の影響は大きかったのでしょうか?
それとも準々決勝で力を使い果たした?

15時キックオフの国立競技場では鹿島アントラーズvsFC東京の対戦。
リーグ戦4位に終わった鹿島としては、4年連続ACL出場するには優勝が絶対条件。
J2降格したFC東京は、天皇杯で悔しさを晴らす事が出来るか。

試合、FC東京は前半39分に平山選手のオーバーヘッドが炸裂して1点を先制。
対する鹿島も後半22分に大迫選手が同点ゴールを決めて、試合は延長戦へ。
延長戦に入ってFC東京に退場者が出て数的不利になるが、それでも粘りを見せて1−1のまま、延長戦も後半ロスタイム。
その延長ロスタイムに興梠選手が勝ち越しゴールを決めて、これが決勝点。
延長戦にもつれた激戦は鹿島アントラーズが2−1でFC東京に競り勝ち、3年ぶりの決勝進出。

一方的な試合だったエコパの試合に対して、国立の準決勝は接戦でしたね。
最後は鹿島の底力が発揮された試合となりましたが、2試合連続となる延長戦を戦ったFC東京も、最後までよく戦ったと思います。
しかし、何でこのチームがJ2に落ちるんでしょうかね(汗)

これで決勝カードは鹿島アントラーズvs清水エスパルスに決定。
決勝戦で勝った方が、来季のACL出場権を獲得する、両チームにとっても大事な試合。
特に清水にとっては、長谷川監督最後の采配となる試合でもあるので、個人的には清水が勝つような気がしますw


サッカーダイジェスト 2010年 12/28号 [雑誌]
日本スポーツ企画出版社
2010-12-14
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サッカーダイジェスト 2010年 12/28号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー天皇杯10鹿島FW興梠の決勝ゴールでACLへ望みを繋いだ!清水ガンバの3連覇を阻み決勝へ!
29第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/12/30 00:59
年の瀬も、サッカーファンは大忙し!!
まずは昨日の天皇杯準決勝・・・ エスパルスがガンバの3連覇を阻止し、アントラーズが土壇場で勝利をもぎ取ってタイトルに望みを・・・ 元旦決勝、楽しみなカードですね ...続きを見る
ともみの言いたい放題♪
2010/12/30 18:16
決勝は鹿島と清水
国立で天皇杯 ...続きを見る
田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)
2010/12/30 23:33
清水エスパルスと鹿島アントラーズが決勝進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる