FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 悔やみきれない敗戦

<<   作成日時 : 2010/05/08 22:22   >>

トラックバック 5 / コメント 8

Jリーグ第11節。
浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。

前節の名古屋戦から中2日で迎えるマリノス戦。
今日の試合も14時キックオフ。
マリノスにはリーグ戦4連敗中の相手だが、上位に残る為にも負けられない戦い。
画像

スタメンは前節と同じ。
FWはエジミウソン、田中達也の2TOP。

試合は点の取り合いに。
マリノスが前半6分にFW・渡辺選手が豪快な先制ゴール。
対するレッズも20分にサイドを崩して柏木選手が2試合連続となる同点ゴール。
その後もレッズが果敢に攻めるが、マリノスに一瞬のスキを突かれて勝ち越しゴールを奪われてマリノス1点リードで前半を終了。
画像

レッズは後半開始間もなくFW・エジミウソン選手の久しぶりのゴールで同点として、再び試合を振り出しに戻すが、マリノスが渡辺選手の、この試合2点目となるゴールを決めて再び勝ち越し。
3たび1点を追いかける立場となったレッズは攻撃選手を次々と投入して得点を狙いに行くが、3度目の同点は実らずに試合終了。

点の取り合いとなった試合は、横浜Fマリノスが3−2で浦和レッズに勝利。
敗れたレッズの勝ち点は19のまま。
首位の清水エスパルスが敗れたので、首位との勝ち点差5は変わらず。
画像

何だか悔いが残る試合でしたね。
攻撃面では前半から果敢に攻めてマリノスの守備陣を翻弄していたのにシュートがバーを叩いたり、主審とバックスタンド側の曖昧なジャッジに振り回されたり・・・。
柏木とエジミウソンのゴールともに、細かいパスで相手守備を崩しきってのゴールと、今季のレッズらしさで取った得点だけに3失点が悔やまれます。

1点目は相手を褒めるしかないのだが、2点目、3点目と守備のミスから取られた失点。
特に前半に取られた2点目が余計でした。
宇賀神選手のクリアミスもそうだが、GKの山岸選手もあそこで飛び出す場面だったのかどうか疑問。

攻撃面では形が出来つつあるのだが、守備が確りしていない事には勝ち点の上積みは望めない。
4試合連続で先制点を奪われているし、警戒すべき選手に点を取られているし。
画像

選手交代に関してもどうだったのだろうか?
阿部、細貝のWボランチの陣形を崩してからマリノスに中盤を支配されてしまった感あり。
ドリブラーの原口、セルを投入するのであれば、疲れの見える達也とポンテを変えるべきだったし、セットプレーに強い堀之内選手を起用する手もあったのでは?
もっとも、結果論になりますが。

この試合が終わった事でW杯代表選出へのアピールは終了。
岡田監督も視察に訪れていましたが、この試合を見て何を感じただろうか?
ほぼ当確の阿部選手はともかく、田中達也選手はどのように映ったか?
やはり阿部と達也には南アフリカのピッチに立ってほしいです。

次節はアウェー・宮城スタジアムにてベガルタ仙台との対戦。
相手は昇格チームであるが、ホームには滅法強く、先月には同じ宮城スタジアムの試合で鹿島に勝っているだけに侮れない相手。
私は不参戦ですが、宮城まで行かれる方には勝ち点3のお土産を期待しています。


ユーザレビュー:
あの興奮の瞬間がよみ ...
サポなら持っていて当 ...
年中、レッズサポの人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第11節 レッズ×横浜
直近の2シーズンは勝ててへん横浜戦 名古屋戦と変わらへんスタメンで臨みました ...続きを見る
doBlog!
2010/05/08 23:59
2010J 浦和Vs横浜FM@埼スタ
5/8 浦和Vs横浜FM 埼スタ 2-3 × 48,246人得点:柏木・エジミウソン取り敢えず皆さん、眼を閉じてください。横浜に勝ち越しゴールを決められた時、「今のウチなら大丈夫、まだ余裕余裕!」って思いませんでしたか?中村俊輔のプレーを見て、「俊輔なんて大した事無いじ.... ...続きを見る
プロペシアAGA治療体験記/OPERAT...
2010/05/09 00:13
ちゃぶられた(第11節)
TBS生中継!副音声!ゲストFUJIWARA! ...続きを見る
O塚政晴と愉快な仲間達
2010/05/09 02:11
試合に競り負け、おまけに糞審 〜浦和vs横浜マ
J1リーグ第11節 浦和レッズ2−3横浜F・マリノス 〜埼玉スタジアム2002 ...続きを見る
浦和レッズの逆襲日報
2010/05/09 07:34
空は晴々(vs横浜 前半)
  2010Jリーグ・ディビジョン1 第11節 浦和レッズvs横浜F・マリノス 2010年5月8日(土)14:01キックオフ・埼玉スタジアム試合結果浦和レッズ2−3(前半1−2)横浜F・マリノス得点者 ...続きを見る
one shot
2010/05/09 14:32

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
悔しい一敗となってしまいました。
1点目の渡邊は仕方ないにせよ、2点目は防げた点でしたね。あそこは山岸が、どっちにするかキチンと指示を出さないと。まぁ、3点目に関しても山瀬の技術を考えれば、坪井は責められないでしょう。
どちらにしても、バカ試合は決められる時に決めない方の負け。最低でもドローにしないと、今日みたいな試合は。
Mr.
URL
2010/05/09 00:18
 >Mr.さん
こんばんは。
本当に悔いが残る敗戦でした。
特に2点目が非常に勿体無い失点だと思います。
マリノスの選手の個の力は、やはり高いです。
これで戦術と呼べる戦術があれば、もっと上にいてもおかしくないのですが・・・。
いずれにしても、次節の仙台戦は大事です。
FREE TIME
2010/05/09 00:28
昨日はお疲れ様でした。
守備も、攻撃も、フィンケの采配も、おまけに審判まであんなんでは・・・悔やまれる部分が多すぎて、悔しいですね。これを精神的に引きずったままでは不味いので、仙台にはスカッとした勝ち方で中断期間を迎えたいです。
うえ
URL
2010/05/09 07:36
何時もお世話になっております。

先月まで1番弱かったチームが小野不在でしたけれど清水に今季初の黒星を献上することができました。

やはり前節の1トップを反省して横浜は試合開始から2トップで入りましたね。
1トップの時は俊輔ボランチに入りパスの出しどころなく不発でしたけれど2トップになるとパスの出しどころが増えるのでその分俊輔のパスが活きたということにもなるんでしょうね。
ほぼシステムが似ているチームでこれだけ違う結果になるとは相性とは不思議なものですね。
やはりこれは気持ちの差なのでしょうか・・・
そろそろ山田のCBも限界でしょうかね・・・確かにポジショニングは向上してもそれもやり慣れたポジションであってこそですから・・・
交代するポジションもやはりそれだけレギュラーとの差があり過ぎるために交代するのが難しい事を物語っているのでは・・・
例えば達也なら高原か原口、ボランチなら細貝から鈴木啓太、という感じで坪井とサイドバックを下げてまでというのはそれだけボランチより上で代える選手がいないということですよね・・・
これもバランスを考えないといけないのかもしれませんね。
PGM21
URL
2010/05/09 08:47
おはようございます。
昨日はお疲れさまでした。
なんだか不思議な試合でしたね。
正直、あのロスタイムでいつ得点されてもいいように、
心の準備をずっとしていましたよ。

次は仙台戦なんですね。
浦和は集客があるから、宮城スタなのが本当に気の毒ですよ。
中断前にしっかり勝ちたいですね。
キング
URL
2010/05/09 11:35
 >うえさん
本当に悔やまれる部分の多い敗戦となってしまいました。
審判の曖昧なジャッジにもイライラさせられたし、交代枠の使い方もちょっとだったし。
この試合の悔しさは次節の仙台戦で晴らしましょう。(私は不参戦ですが)
FREE TIME
2010/05/10 00:08
 >PGM21さん
コメントありがとうございます。
新潟さんが清水に勝利してくれたおかげで、清水の独走態勢を阻む事が出来ました。
確かに暢久のCBは厳しいかなと感じる事もありますが、肝心なスピラノビッチが戦力として機能していないので、彼のセンスに任せるしかないのです。
前線から中盤にかけてタレントが揃っているけど、守備陣の層が薄いのが難点ですよ。
FREE TIME
2010/05/10 00:11
 >キングさん
今年も埼スタまで参戦お疲れ様でした。
本当に不思議な試合展開でした。
仙台戦は宮城スタジアムですが、私は不参戦です。
鹿島戦の時でも交通渋滞が凄かったらしいので、レッズ戦ではどうなる事やら。
遠征に行かれる方は気をつけてほしいです。
FREE TIME
2010/05/10 00:13
悔やみきれない敗戦 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる