FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「サブウェイ123 激突」

<<   作成日時 : 2009/09/11 23:06   >>

トラックバック 39 / コメント 0

映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。

この映画は、1974年の「サブウェイ・パニック」を、トニー・スコット監督がリメイクしたサスペンス。
突如何者かにハイジャックされたニューヨークの地下鉄を舞台に、犯人グループとの身代金交渉を臨場感たっぷりと見せる。
頭の切れる武装グループのリーダーを演じるジョン・トラヴォルタと、彼との交渉役を務める地下鉄職員役のデンゼル・ワシントンの頭脳戦が見物で、逃げ場のない地下鉄内での先の読めない展開にも注目したい作品。

ストーリーは、午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。
しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。
それからガーバー達の長い戦いが始まる。

地下鉄という密室を舞台に繰り広げられる犯罪劇。
アメリカの映画で、よく地下鉄でのバトルをやる作品がありますが、そんなにアメリカの地下鉄って危険なのでしょうか?
日本でも地下鉄サリンがあっただけに、地下鉄って便利な反面怖いですよね。

まぁ、話を横道に逸らしてしまいましたが、結末は予想通りだったとは言え、リアル感があってハラハラドキドキものの展開の連続でした。
冷静沈着な地下鉄職員と、頭が切れる犯行グループのリーダーとの音信だけの駆け引き。
顔の見えない相手だけに、お互いに慎重に話し合うシーンは緊迫感あり。
ともにベテラン俳優という事もあって、彼等の演技を観ているだけでも、充分に惹き込まれますw
そのガーバーとライダーは音信を通じて密室で会話している一方で、外ではパトカーなどがニューヨークの街狭しと公道とは思えないようなスピードで走り回るなど、「静」と「動」を巧く使い分けていた感覚でした。

劇中内で見せたガーバーの弱い部分と仕事場では見せない温和な部分、最後まで自分のペースで動き続けたライダーの頭の良さも印象的。
橋の上では2人のお互いの顔を見て、まるで運命的な出会いに映りました。

最後は、あっさりした感がありましたが、見応えのある展開の連続で個人的には満足。
ただ、ちょっと盛り上がりに欠いたのは残念だったような気がしました(汗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(39件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サブウェイ123 激突
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバー』のブライアン・ヘルゲランドが担当でリメイクした。ニューヨークの地下鉄を舞台にした緊迫感溢れるクライム・サスペンスムービーです。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/09/30 00:13
サブウェイ123 激突
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公開の... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/09/30 00:15
映画:サブウェイ123 激突
 トニー・スコットの3年ぶりの監督作品。そして好きな俳優が主役として2人も登場している。これは観なくては!とサブウェイ123 激突を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2009/09/30 00:27
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突!
 デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ、勝つのはどっちだ? ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2009/09/30 00:39
サブウェイ123 激突
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することになっ.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/09/30 00:43
サブウェイ123 激突
<<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ラ ...続きを見る
映画君の毎日
2009/09/30 01:03
『サブウェイ123 激突』
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれないですね ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2009/09/30 02:01
サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よく記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?)。「サブウェイ123 激突」は、大きめのスクリーンで、2割程度。 【ストーリー】ニューヨーク、午後2時。4人組の男が地下鉄をジャック、乗客を人質に立てこもった。犯人は無線で地下鉄運行指令室に連絡し、59分以内に市長に 1,000万ドル用意させろと要求。... ...続きを見る
いい加減社長の映画日記
2009/09/30 05:27
劇場鑑賞「サブウェイ123激突」
サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。... ...続きを見る
日々“是”精進!
2009/09/30 06:21
[映画『サブウェイ123/激突』を観た]
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^ ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2009/09/30 07:36
サブウェイ123 激突
デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました〜【story】午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくるが―     監督 : ト二ー・スコット... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/09/30 07:40
サブウェイ123 激突
公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。 ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2009/09/30 08:06
『サブウェイ123 激突』(@「シネマのすき間」)
-----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェイ」だから、その車両の番号に見えるよね。 それ正解。「ひゃくにじゅうさんごうしゃ」。 でも、それだけではなくてこれは「時間」にも関係あるんだ。 ある駅を出発する時間。 最近、そういうのタイトルにつけるのはやっているよね。 ついでにいえば「123」と「激突」の間... ...続きを見る
ラムの大通り
2009/09/30 08:32
サブウェイ123 激突/デンゼル・ワシントン
劇場予告編を何度観ても主人公らしき人物がデンゼル・ワシントンだというのが信じられなくて思わず公式サイトに行って確認しちゃいましたけど、ちゃんとデンゼル・ワシントンでした。今までとは髪型がガラリと変わっちゃっってビックリです。この映画は1974年の『サブウェイ.... ...続きを見る
カノンな日々
2009/09/30 09:07
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい!
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・・・」「もういいっ{/ari_2/}」ってな感じで。 そんなんだから割合に間近になって当選通知が来る試写会ってのは、せっかく当たってもちっとも行けない{/body_deject/} しかし久しぶりにちょうど良い日にすっぽり試写会がはまって... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2009/09/30 09:55
試写会「サブウェイ123」
今晩は、これから虎ノ門ニッショーホールで試写会「サブウェイ123」を観ますトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演です。70年代の傑作「サブウェイ・パニック」のリメイク作品だそうです。レビューは、家に帰ってから、また追記しまーす... ...続きを見る
流れ流れて八丈島
2009/09/30 10:15
サブウェイ123 激突
安全管理は万全に。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/09/30 10:23
サブウェイ123 激突!!
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。 もたもやリメイクか〜〜!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット監督が監督と製作を手がけたリメイク作品である。リメイクですが、調べると今回で3度目となるそうです。1974年版、1988年版、そして2009年の本作。主演はあのデンゼル・ワシントン 。トニー・スコット監督と3度目のタッグを組... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/09/30 11:01
【サブウェイ123 激突】
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ ...続きを見る
日々のつぶやき
2009/09/30 14:56
映画 【サブウェイ123 激突】
映画館にて「サブウェイ123 激突」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/09/30 16:34
『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD
ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う〜ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような気も・・・(汗) ...続きを見る
SOARのパストラーレ♪
2009/09/30 18:20
サブウェイ123 激突 [映画]
原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィー... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/09/30 18:47
サブウェイ123 激突
★★★☆  1974年に上映された『サブウェイ・パニック』のリメイク作品だという。ハイジャックされた二ューヨークの地下鉄を舞台に、乗客を人質とした犯人たちとの身代金交渉にスポットがあてられる。地下鉄版の『ダイハード』という感じなのだが、ヒーローは警官でも超 ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2009/09/30 19:13
サブウェイ123 激突
原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたことには.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/09/30 19:19
サブウェイ・パニック〜『サブウェイ123 激突』
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2009/09/30 19:24
サブウェイ123 激突
公開スケジュールを見てると、この秋以降は超話題作じゃなくてもフライングで金曜に公開されるパターンが増える。 そんな無意味にフライングする最初の映画『サブウェイ123 激突』を観てきました。 ★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2009/09/30 20:42
サブウェイ123 激突
主導権を握るのはどっちだ!?・・・緊迫の交渉劇、ある言葉が闘いの流れを変える。 物語:大都会ニューヨークのある日の午後2時、地下鉄ハイジャック事件が発生した。 ペラム駅1時23分発の列車“地下鉄(サブウェイ)ペラム123号”の運転室が占拠されたのだ。犯人は4.... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2009/09/30 21:43
サブウェイ123 激突
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。 1&... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2009/09/30 21:59
サブウェイ123 激突
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ...続きを見る
勝手に映画評
2009/09/30 22:00
サブウェイ123 
監督   トニー・スコット キャスト デンゼル・ワシントン      ジョン・トラボルタ      ジョン・タトウーロ ほか ...続きを見る
You got a movie
2009/09/30 22:16
『サブウェイ123 激突』
「サブウェイ123 激突」観てきました♪ ...続きを見る
きららのきらきら生活
2009/10/01 21:28
サブウェイ123 激突 / The Taking of Pelham 1 2 3
今回は、1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイク「The Taking of Pelham 1 2 3 / サブウェイ123 激突」 ...続きを見る
うだるありぞな
2009/10/02 12:29
サブウェイ123 激突
《サブウェイ123 激突》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − THE TA ...続きを見る
Diarydiary!
2009/10/02 19:09
「サブウェイ123 激突」
「サブウェイ123 激突」試写会 ニッショーホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2009/10/02 22:27
「サブウェイ123 激突」プチレビュー
1974年の「サブウェイパニック」をリメイクした作品。 オリジナルは未観賞ですが、予告編で興味がわき 観賞してきました。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2009/10/03 19:55
「サブウェイ123 激突」 ハズレのトニー・スコット作品
4度目のタッグとなるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビに、キレた ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/10/04 07:10
「サブウェイ123 激突」★★★☆ トラヴォルタの一味違う悪役が見ドコロ
...続きを見る
白山のヨロズ帖
2009/10/06 15:50
「サブウェイ123 激突」
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2010/03/05 10:33
「サブウェイ123 激突」
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、ジョン・ゴーディのベストラー小説を映画化した「サブウェイ・パニック」(74年)をリメイクした。主演はデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの豪華2大スター。 ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2010/04/04 17:48
映画「サブウェイ123 激突」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる