FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 事実上の終戦

<<   作成日時 : 2008/10/18 23:00   >>

トラックバック 9 / コメント 3

Jリーグ第29節。
5位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてヴィッセル神戸との対戦。

画像

今シーズンも残り6試合。
首位・鹿島アントラーズとの勝ち点差を、これ以上離されない為にも、何が何でも負けられない戦い。

GKは山岸選手が今季初スタメン。
FWは高原・エジミウソンの2TOP。
故障した相馬選手の代わりに山田選手が左サイドで先発。

前半は一進一退の攻防。
ヴィッセルは素早い攻撃からシュートへ持ち込むが、山岸選手のファインセーブや枠から外れるシュートなどでゴールに至らず。
一方のレッズもサイドからの攻撃を多用して中央にいるFWにクロスを出すが、こちらも相手GKのファインセーブに阻まれるなどして得点が奪えず。
結局、前半はスコアレスで折り返し。

後半に入ると終始ヴィッセルペース。
レッズも田中達也・梅崎といった選手を投入して攻撃の活性化を測るものの効果なし。
0−0のまま後半も終盤へ進み、迎えた後半37分。
大久保選手からのロングパスがレアンドロ選手に渡り、ディフェンスのマークを振り切ってゴールを奪い、0−0の均衡が破れる展開へ。

試合は1−0でヴィッセル神戸が逃げ切って勝利。
レッズは前節に続く敗戦で痛い連敗を喫してしまいました。
画像

試合終了後は、何とも言えない脱力感に襲われてしまいました。
選手入場時にビッグユニで選手を出迎えたり、相手サポはアウェー席を埋まっていないだけでなく、前の方しか声を出していなく、完全なホームの雰囲気の中で試合が出来たと言うのに、終わってみたら結果も内容も伴わない敗戦。
代表選手以外は、1週間以上も調整機関があったのに、何をやっていたのかと思いたくもなります。

前半は上々の出来だったと思うのですが、後半になると運動量も落ちまくり、攻守の切り替えが相手に比べて格段に遅い。
山岸の好セーブがあったからスコア上では接戦でしたが、ホームであのような試合をやっていても完敗に等しいですよ(><)
山岸の活躍が唯一の収穫でした。

山田選手の左サイドで起用した事にも問題あり。
今まで右サイドが低位置だったのに、何で左サイドなどやらせるのか?
実際にボールが渡っても、何も出来ずに戸惑っている状態で、その間にマークがついてボールを取られるなど攻撃を止めてしまっていました。
平川選手は左右どちらでも出来るので、左右逆に配置するのが定石ではないのか?
まぁ、平川もサッパリでしたが・・・。
相馬不在の大きさも感じる事になった試合でしたが、適材適所の配置が出来ずにギャンブルばかりに走る監督の采配にはホトホト愛想が尽きます(怒)

試合後にはスタジアム中からブーイング。
闘莉王選手も試合後の挨拶に回っている最中に、南のバカな連中と口論していましたが、余程酷い事を言われたのかな?
プロ選手なんだから野次くらい適当に聞き流すくらいじゃないと(阪神タイガースの監督や選手じゃないんだから)
それでも、闘莉王が涙を流して挨拶に回る姿が見ていて痛々しかったです。

自分は選手達にブーイングはしませんでした。
だって自分が一番ブーイングしたい人が、あの中にはいませんでしたから。(試合終了と同時にロッカールームへ逃げるように引き上げた人)
ただ、ヴィッセルの選手達と挨拶も握手もしなかった選手がレッズの中にいたのには憤りを感じました。
悔しいのはわかるが、だからと言って試合終了後に相手チームとの挨拶や握手もしないとは、一体どういう了見なのか?
そんなスポーツマンシップに反するような選手は、プロチームのユニを着る資格はないと思います。
画像

先程までテレ玉で「レッズナビ」を見ていたけど、思ったよりも、かなり温和な雰囲気で議論していましたね。
今のレッズは評論家達にもサジを投げられてしまったのだろうか?

実際にチーム内にも、かなり不穏な雰囲気が流れているのを感じます。
交代を命じられた高原選手が不満を表に出してピッチを後にしたり、永井選手がACLに続いてベンチから外れたりと、まさに空中分解。
最早、ゲルトの求心力も0に等しいのかもしれません。
自分も、来年は違う監督を起用してほしいと懇願する一人です。(永井が移籍するのは嫌だし)

今日の敗戦で順位は5位のままですが、ガンバに勝ち点で並ばれてしまいました。
首位・鹿島アントラーズが勝ったので、勝ち点差は6。
まだ可能性はありますが、鹿島の残りカードを見てみると、連敗する事はないでしょう。
リーグ戦のV奪回は完全に厳しいものになりました。

次の試合は来週水曜日のACL準決勝のガンバ大阪戦。
スコアレスドローでも決勝進出出来る優位な状態ではありますが、今のチーム状態では逆転負けしそうな気がします。
でも、ガンバには絶対に負けるわけにはいきません。
5月のリーグ戦で味わった屈辱を、同じ埼スタで晴らさないとダメです。
次の試合では、どんな形でもいいから勝ってくれ!
画像

           高円宮杯優勝の浦和レッズユースの選手達



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
埼スタで神戸に完封負けかよ
ACLと代表に挟まれた谷間のJ1第29節。 ...続きを見る
O塚政晴と愉快な仲間達
2008/10/18 23:39
闘莉王と涙と…
Jリーグ第29節vsヴィッセル神戸 2008年10月18日(土)15:01キックオフ・埼玉スタジアム試合結果浦和レッズ0−1(前半0−0)ヴィッセル神戸得点者:82分レアンドロ(神戸)入場者数:47, ...続きを見る
one shot
2008/10/18 23:50
2008 J1:第29節 浦和 vs 神戸 『クライミライ』
アル・カシディア戦以来の埼スタ参戦。久しぶりです。 ...続きを見る
ハードボイルドで行こう!
2008/10/18 23:59
レッズ×神戸
代表戦の中断明けてのJリーグ ...続きを見る
doBlog!
2008/10/19 00:22
08J 浦和Vs神戸@さいスタ
10/18 浦和Vs神戸 さいスタ 0-1 × 47,325人絶対に破れてはいけない試合を落とした選手達に、容赦なく降り注ぐ数々の怒声。浴びせかけられる水。そして、闘莉王の涙。何故、こんな事になってしまったのだろう? 選手達は闘っていなかったのか? 選手達はブーイングを.... ...続きを見る
プロペシアAGA治療体験記/OPERAT...
2008/10/19 00:50
万策尽きて・・・ 〜浦和vs神戸
J1リーグ第29節 浦和レッズ0−1ヴィッセル神戸 〜埼玉スタジアム2002 ...続きを見る
浦和レッズの逆襲日報
2008/10/19 08:41
第29節ガンバは磐田に勝利&他チームの結果
第29節ガンバ大阪ージュビロ磐田は2対1でガンバが勝利し ガンバはホームで明神&山崎ゴールで勝点47で6位だよ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2008/10/19 09:15
ファイト!〜神戸戦を終えてACLへ
とにかく疲労困憊のmotomotoです。週末、体調が悪化、風邪ですね完全に。でも、仕事は休めません。頑張ってきましたmotomotoです。 ...続きを見る
Football中心に立花氏(仮)
2008/10/20 20:41
J第29節 vsヴィッセル 勝てる雰囲気もない       
@埼玉スタジアム2002  観客:47,325 浦和 0-1 神戸 ...続きを見る
流されてドコまで行くの
2008/10/21 22:06

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

一体浦和どうしちゃったの?という感じです。

神戸の戦力ならまず負けないはずなのにやはり相性があるんでしょうかね・・・新潟は神戸に負けた事ないので・・・
確かに山田を何故右SHで平川を左SHで起用しなかったんでしょうね?誰もいないならわかりますが・・・
FWは確かに監督なら起用するのが難しいですよね。
他のチームならエジミウソン、高原、田中達也、永井ならレギュラーですからどの組み合わせでも難しい。
システムそのものを考えるとわざわざ3−5−2より3−4−3で戦った方が良いのかもしれないんですけれどね。
次のACLでは完封で勝ちぬけですが、ACL2連覇を目指してガンバ戦全力を尽くしてほしいと思います。
PGM21
URL
2008/10/19 07:33
お疲れ様でした。
本当に、なんだか脱力してしまう・・・もうレッズはバラバラなのでしょう。
今から思えば、求心力の無かったオジェックでもまだチームを動かせるだけの底力はありました。逆に、単なる”穏和なオッサン”で”良い人”だけで求心力を保っていたゲルトの方が、こうなってしまうとよっぽど酷いのかなと、・・・個性の強いレッズを纏められる腕ではなかったし、選手にしてもリーダーシップをとれる”大人”が居ないのが実情でしょう。
ハァ、これではダメですね・・・
うえ
URL
2008/10/19 08:40
 >PGM21さん
コメントありがとうございます。
神戸は昨年まではカモにしていたのに、今季はナビスコ含め1分3敗と逆にカモにされました。
次節は新潟戦ですが、浦和が負けた神戸に勝って、千葉には押し気味に進めながらのドロー・・・。
おまけにホームでは圧倒的に強いのだから、3連敗も覚悟しています(><)
ACLは別物なので、こちらで勝てればいいやって感じです。

 >うえさん
お疲れ様でした。
あそこまでバラバラに、そしてメチャクチャになってしまうとは想像すらしていませんでした。
もう、あの監督には誰もついていかないでしょう。
小笠原・中澤のようなリーダーシップを張れる選手がいないのもダメですね。
いつか長谷部が戻ってくれればいいんですが・・・。
FREE TIME
2008/10/19 22:24
事実上の終戦 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる