FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 長谷部誠 ドイツ・ウォルフスブルクと正式契約

<<   作成日時 : 2008/01/20 01:02   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

長谷部誠選手のドイツ・ウォルフスブルクの入団が正式決定。
入団記者会見の映像をニュースで見たけど、ドイツでも試合に出られるように頑張ってもらいたいです。

2010年6月までの2年半の契約。
背番号は「13」。
出来れば「17」をつけてほしかったですね。ましてや「13」は西洋では忌み嫌われている数字っていうのが引っかかりますね(謎)

長谷部選手は2002年に静岡・藤枝東高校から浦和レッズに入団。
MFとしてレギュラーに定着して以降、レッズになくてはならない選手にまで成長し、日本代表のユニフォームを着て試合にも出ました。(親善試合のみですが)

昨シーズン途中にイタリア・シエナからオファーがあった時に、一度は海外移籍に傾きましたが、ACL優勝というチームの目標の為にチームに残ってくれて、ACLでも2ゴールを挙げるなどレッズのACL優勝に大きく貢献。
自分も、小笠原・大黒選手らのイタリアへ行った選手が干されていた事もあって、イタリア行きには反対でしたが、ドイツだったら安心して行かせられます♪

もっともドイツのレベルは日本とは比べ物にならないので、どこまで通用するかわかりませんが、彼ならポジションを掴んでくれると思います。

先日、放送されたGGRの長谷部誠メモリアルゴール集が某動画サイトにて公開されているので、添付しておきます。

個人的に印象に残っているハセのゴールと言えば、やはり2004年のジュビロ戦でロスタイムに決めた決勝ゴールですかね。
自分は、あの試合を埼スタで観戦していましたが、正直引き分けだなと思ったいた時に決めてくれた勝ち越しゴール。
野球でいうサヨナラ打のようなゴールを決めた瞬間は本当に興奮しましたね。

あと、映像の都合とやらで放映されなかったけど、ACL準決勝・城南一和戦での同点ゴールもありますね。
あの同点ゴールが決まった瞬間のスタジアムの歓声は本当に凄かった(^^;)

今季のレッズは大型補強をしたけど、一方でワシントン・長谷部がいなくなります。
いなくなる選手の分を相殺すると、あまり大型って補強じゃないような気がする。ましてや監督が残っているし・・・。

今季のレッズ戦で長谷部選手の姿が見られなくなるのは寂しいけど、ドイツでも大きく羽ばたいて、いつかはレッズに移籍前よりも一回りも二回りも大きくなって戻ってきてほしいです。
ドイツでも頑張れ!

ところでドイツ語は大丈夫なのか?
今すぐ話せるドイツ語単語集 (東進ブックス)
今すぐ話せるドイツ語単語集 (東進ブックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
帰って来る大将、去って行く長谷部
大将のレッズ入閣が正式に発表された。 ...続きを見る
浦和レッズの逆襲日報
2008/01/20 10:44

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
思い出しますねあのゴール。あと、もうひとつ印象的なのは国立の天皇杯大宮戦75メートルドリブルで決めたゴールも。彼独特の重圧感あるドリブルが思い浮かびます。
レッズから移籍金0で出て行くんですから、それなりの覚悟で闘ってきてほしいですね。
うえ
URL
2008/01/20 10:48
こんにちは。
赤サポ歴まだ浅いワタシですが、「ヤバイ!レッズ面白かもっ!」って思った時期に入った選手でもあるので、ずっと見てきた分、寂しいですが、行くからには信頼とポジションを奪って
活躍して欲しいです。
ドイツ語・・TVでは英語の挨拶部分しかやりませんが、冒頭の挨拶はドイツ語って配信ニュースに書いてありましたよね。
見たかったなぁ。
ECHO
URL
2008/01/20 12:10
 >うえさん
天皇杯の大宮戦でのドリブルシュートも素晴らしかったですね。
延長後半でも、あれだけの動きが出来たという点でも評価したいゴールの1つです。
移籍金0・・・ドイツの他チームからオファーされるくらいの選手になってほしいですね。

 >ECHOさん
入団した時点で即戦力だった小野選手と違って、長谷部選手はレッズで育った感がある選手。
それだけに寂しさは感じます。
ヒデのように流暢に話せるようになれたらプレーにも活きると思うけど、どうなんですかね?
FREE TIME
2008/01/20 19:18
長谷部誠 ドイツ・ウォルフスブルクと正式契約 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる