FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼門の東海アウェー

<<   作成日時 : 2006/11/18 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 2

Jリーグ第31節。
首位を独走する浦和レッズはアウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスエイトと対戦。
残り試合を楽にしていく為にも是非とも勝っておきたい一戦。

レッズのフォーメーションは相手の3トップに対応すべく4バックの布陣。
対する赤鯱も4バック。
前回のホームでの対戦では引き分け狙いのドン引きサッカーをやっていたので、この試合でも守りを固めるのではないかと思っていたけど、そのようでした・・・。

この試合はNHKの地上波にてTV観戦。
スタジアムは真っ赤に染まっていましたね。
まぁ両チームとも赤がチームカラーだから当然と言えば当然なのだが(爆)
でもサポーターの声援は圧倒的にレッズ!本当にどちらがホームなのかってくらいレッズサポーターのチャントばかり響いていました。
でも解説者・早野さんの解説がいたって普通で、お得意のダジャレが聞かれなかったのが残念(涙)

尚、試合結果は0−0の均衡から後半34分に赤鯱の四千ヨンセン選手にヘッドで決められ、それがそのまま決勝点となってしまい0−1で敗戦。
過去の対戦成績&アウェーマッチにおいて大きく負け越している相性の悪い相手だったのですが、またしても鬼門の相手・鬼門の地で一敗地にまみれてしまう形に。
今季、東海地方でのアウェーは3戦全敗。
いくらホームで抜群に強くてもアウェーでこれでは(呆)

そして3位の川崎フロンターレが勝利した関係で勝ち点差を4に詰められ暫定でも2位に。
明日のガンバvsジェフの結果如何によっては、再び3チームによる優勝争いへと変わっていくこととなります。
やはり敵はガンバでなくフロンターレになるのか?

この試合を総括するとレッズの方が完全にボールを支配して、時折何度も決定機が訪れるがワシントン選手のシュートがバーに当たったり、相手GK・楢崎選手の好セーブに阻まれたりするなどでチャンスをモノに出来ず、逆に一瞬のスキを相手につかれて1点取られる。
即ち相手の粘りに屈した形の敗戦となってしまった。あの1点が赤鯱側からしたら唯一のチャンスだったわけだし(汗)

レッズもリードされてからの淡白な攻撃は相変わらずで、毎度毎度の中央への放り込みに終始していました。
これまで、あの放り込み作戦で点が入ったことはなかったでしょう?
放り込みのパスをする度に「またかっ」って思いましたよ(怒)

でも負けてしまったけど出来そのものは悪くなかったと思います。
次節はホーム・埼玉スタジアムにてヴァンフォーレ甲府と対戦!
私も残り3試合全て観戦予定となっています。(埼スタ1試合、味スタ1試合)
今日の敗戦で再び混戦模様になってしまったけど、ここまで来たら目の前の相手に集中するのみ。

唯一の気がかりは、試合終了後に起き上がれなかった田中達也選手。
これ以上の故障者は出せないだけに心配です。
画像


Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 12月号 [雑誌]
Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2006年 12月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
J1:第31節 名古屋 vs 浦和 『石橋を叩いたら崩れた』の巻
遠く見上げた空の向こうで、山の険しさを感じさせられる敗戦を喫しました。立ち上がりから、石橋を叩いてから渡るような、お互いの長所を消しあう非常に集中したゲームとなりました。こういうゲームは、決めるべき時に決められないと、それが結果に結びついてしまうということが多いですが、それがそのまま結果に結びついたゲームでしたね。 ギドの進退云々が影響したわけではないでしょう。選手はみんなゲームに集中してましたね。痛い敗戦ですが、次のホームの甲府戦に照準をあわせましょう。痺れるようなプレッシャーと付き合いなが... ...続きを見る
ハードボイルドで行こう!
2006/11/18 21:04
やはり苦手意識なのか・・・?  〜 アウェイ名古屋戦 〜
 負け惜しみと言われるかもしれませんが、レフリィ〜勘弁してよ〜。 ゴールエリアでのハンド見逃すなよ…3回も。 本当にリーグ戦を盛り上げたくて意図的にやっているのだろうか? ここ数試合本当に不信感が募ります…謀略だ!……しかし、いつも言っているように『決め.... ...続きを見る
真紅の魂
2006/11/19 00:16
レッズ×グランパス
今日はヨンセン、玉田、杉本のグランパス3トップに対応するので 4バックを採ってきたレッズ ...続きを見る
doBlog! -2nd シーズン-
2006/11/19 00:28
豊スタより帰還… 浦和vs名古屋
J1リーグ第31節 名古屋グランパス1−0浦和レッズ 〜豊田スタジアム ...続きを見る
浦和レッズの逆襲日報
2006/11/19 01:26
当たり前の事だけどキッチリ決める時に決めないとね
さて名古屋より帰宅しました。 ...続きを見る
RYAN ROAD
2006/11/19 09:20
共に泣き、共に笑い、最後は・・・
今日の結果を真摯に受けとめて次節に向かって突き進むのみ! ...続きを見る
浦和レッズに捧げる2006
2006/11/19 10:30
尾張名古屋は人でもつ!?〜J1第31節・名古屋グランパスエイトvs浦和レッズ〜
今節は名古屋とのアウェイの一戦。ヤマハの磐田戦は“欠場”したものの、今回はRED GROOVEへ参戦。13時30分を少し過ぎた辺りで着いたが NHKの地上波があるせいか出足は鈍い。それ ...続きを見る
藤沢雄二の“うまとと日記♪”
2006/11/19 10:49
ゴールネットを揺らせない
06.11.18 [ Jリーグ第31節vs名古屋グランパスエイト ] 2006年11月18日(土)14:00キックオフ・豊田スタジアム試合結果名古屋グランパスエイト1−0浦和レッズ得点者:79分ヨンセ ...続きを見る
one shot
2006/11/19 12:40
Urawa Reds News(164) vs Nagoya Grampus Eight
名古屋グランパスに0対1で負けました。シュートチャンスはたくさんあったのに、「ツキ」がありませんでした。残念です。「地方クラブがビッグクラブに勝つ」という典型的な試合内容になってしまいました。 ...続きを見る
MASA-NET
2006/11/19 13:24
浦和Vs名古屋@豊田
う〜ん、鬼門か。。ほぼ押し続けていたVs名古屋戦、ヨンセンのたった一発のシュートにて1-0と沈んでしまいました。しかし、悔しいね〜。これで中京アウェイは3戦全敗、今年のVs名古屋戦は1敗1分の無得点。4月のホームでの引き分けも、ほぼ負け気分でしたからね。。なんと... ...続きを見る
OPERATION-G/AGAプロペシア...
2006/11/19 18:48
浦和レッズ負け、ガンバ大阪勝つ!
レッズ負けてしまいました!・・・泣 私は浦和レッズファンなんですが、ガンバ大阪が買ったので なんと勝ち点3差です。 レッズファンにとっては大問題です。 なぜか、名古屋グランパスにはレッズ苦手意識があるみたいなんです。 やはり、いまのレッズはワシントン頼りにな.. ...続きを見る
サッカー情報満載サイト これであなたもサ...
2006/11/19 18:49
名古屋グランパスエイトvs浦和レッズ〜1点の重み〜
名古屋の正式名称って確かこれでいいんですよね? ...続きを見る
上京1年目気まぐれサッカー日記
2006/11/19 22:49
あーっ! 1点が〜 vs名古屋グランパスエイト
@トヨタスタジアム 名古屋1-0浦和 ...続きを見る
流されてドコまで行くの
2006/11/20 00:03
自滅(シュート3本の名古屋にやられた)
何故かは分かりませんが、東海アウェーは勝てませんね。 今年も清水、磐田、名古屋とアウェーでは全敗。 弱かったあの頃なら解るんですが最近でさえここまでだと・・・。 ...続きを見る
kaz-netブログ
2006/11/20 00:46

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
負けは負け。悔しいけどまだ終わって無いので
残り3つ全力で取りましょう。勝つんですー!!
ECHO
URL
2006/11/20 00:05
 >ECHOさん
こんばんは。
負けてもまだまだ首位なので優位な立場に変わりありません。
次節勝てば前が見えてきますよ♪
FREE TIME
2006/11/20 00:25
鬼門の東海アウェー FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる