FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツW杯総括

<<   作成日時 : 2006/07/11 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 6

イタリアの24年ぶり4回目の優勝で幕を閉じた2006年ドイツW杯。
今回は自分なりに今大会を総括してみようと思います。

優勝したイタリアは計7試合で取られた失点はわずかに2点。
内訳はオウンゴールとPKの各1点。つまりゲームの流れの中では1点も取られていないということになります。
伝統の堅守に磨きがかかって、そこから攻撃へとつなげて勝ち進んでいったイタリアは、まさに優勝にふさわしいチームと言えるでしょう。
大会前にセリエAの八百長疑惑に揺れましたが、周囲の雑音をピッチ上で跳ね除けられたことはイタリア選手に「アッパレ」ですね。

準優勝のフランスもジダン選手を中心にして勝ち進んでの準優勝。
ただ決勝戦のジダンの退場劇は呆れてしまった(^^;)
それにもかかわらず、何故に彼が今大会のMVPに選ばれたのだろうか?
確かにプレーはMVPに値するが、決勝戦という最高の大舞台であのような失態をした選手にMVPはふさわしくないと私は思います。
もっとも、ジダンに投票した各国記者の中にイタリア人記者がいたらウケちゃいますね(爆)

堅守を誇ったイタリアとフランスが決勝戦に残ったことを象徴するように、今大会は以前の大会に比べて得点率が大幅に低下した大会でもありました。
ハットトリックを記録した選手が一人もいなかったのも長いW杯の歴史の中で初めてだとか。
それだけ各有力国が守備に重点を置いていたと思うし、一方で絶対的なストライカーが少なかった大会だったとも言えるでしょう。
ロナウド選手があんなに肥えてなかったら、もう少し点が入っていたかもしれないな。

さて、自分の国である日本についても触れておきます。
3試合で勝ち点がわずか1の2敗1分けで予選リーグ敗退と、まさに「惨敗」の二文字がふさわしい大会となってしまいました。

個人的にはジーコ監督がこの4年間で何を目指していたのかが全く見えてきませんでした。
オーストラリア戦とブラジル戦の不可解な選手交代しかり、一戦ごとにフォーメーションが変わったりの「気まぐれ采配」
結局は「閃き」だけで指揮していたってことなんですかね(謎)

4年間ほぼ同じメンバーばかり選考していたために平均年齢が高くなり、アテネ五輪代表も駒野選手と緊急招集の茂庭選手の二人のみ。
次回の南アフリカ大会の予選は今回のメンバーをほぼ総入れ替えすることが必至な状況。
それ以外では、オーストラリアがアジア予選に参入するとともに、今大会のアジア勢の惨敗によってアジア枠が減らされる可能性が高い。
すんなり決まった今大会のアジア予選より数段厳しい戦いになっていくことは間違いないでしょう。

次期監督がほぼ決定しているジェフ千葉・オシム監督が日本代表をどのようなチームに作っていくのでしょうか?
むしろ年齢が年齢だけに4年間指揮を執り続けていけるのかの方が心配!

ジネディーヌ・ジダン
ジネディーヌ・ジダン (COSMIC MOOK サッカーベストシーン 2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
W杯 カンナバーロ
ワールドカップが終わってしまった。 祭りの後は寂しい。 残されたのは、繰り返される日常。 そこには、ゴールキーパーのスーパーセーブも、無回転の揺れるシュートも、パス&ゴーによる美しい連係プレーもない。 そう、ファンタジーがないのだ。 イエローカードやレッドカードまがいのことはあるが。 なんだかな〜、である。 それでも出来る限り、自分なりにクリエイティヴに毎日を生きようと自分に言い聞かせて過ごしたアフター・ワールドカップ初日は、とにかく蒸し暑かった。。 ...続きを見る
名盤!
2006/07/11 01:01
W杯ドイツ大会の宴が終わって−皆様へ御礼申し上げます
皆様ありがとうございました ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/07/11 18:37
祭りのあと −ワールドカップ総括
イタリアの優勝で幕を閉じた2006年ドイツワールドカップ。 ジダンの衝撃的なラストがあったり、優勝候補の筆頭だったブラジルがまさかの準々決勝敗退など色々とあった大会だ... ...続きを見る
浦和レッズの逆襲日報
2006/07/11 21:05
2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会 10日閉幕!
2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会 10日を持って閉幕。 この大会期間中、沢山の訪問、トラックバックそしてコメント、 本当に有難うございます。 Blog開設当時からも出会いがあったBlogは今までどおり勿論のこと、 大会期間中に出会いがあり、トラックバックとコメン.... ...続きを見る
fuの通信日記
2006/07/12 00:49
大会総括
あっという間でしたが、2006FIFAワールドカップドイツ大会が閉幕しました。 4年に1度の熱狂の日々は参加した各国に歓喜、失望、反省など様々な余波を残しつつ、また4年後の南アフリカ大会へと続くわけですが、 「それでもサッカーは続く」という現実。そして閉幕の物寂しさを.. ...続きを見る
Sing A Song
2006/07/12 00:57

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに終わってしまいましたね。一抹の寂しさも感じますが・・・しかしJリーグもすぐに再開しますし、そろそろレッズモードへ戻らないといけませんね(笑)
追伸/期間中は沢山のTBをいただきありがとうございました。
うえ
URL
2006/07/11 21:23
 >うえさん
W杯もいざ終わるとあっという間ですよ。
自分も来週からレッズモードに切り替えていくつもりです。
こちらこそ期間中はTBありがとうございました。
FREE TIME
2006/07/11 22:57
FREE TIME さん

こんばんは
いつもありがとうございます。
W杯期間中は、いつも以上にお世話になりました。

皆さんとともに盛り上がって、観戦できましたので、とても楽しいW杯でした。

今後も、色々なネタでお世話になると思います。

どうぞよろしくお願いします。
「感動創造」
URL
2006/07/12 01:01
 >「感動創造」さん
こちらこそ大会期間中はお世話になりました。
多くのブロガーさん達と親交が持てた1ヶ月でした。
また、これからも宜しくお願いします。
FREE TIME
2006/07/12 07:01
オーウェンの怪我はショックでした〜
でも、最近では番狂わせ少なかったですよね!!
日本は、情けなさ過ぎでしたけど。。。見ていて、弱いとかとは違うむなしさを感じました!!
tamirin
URL
2006/07/12 21:05
 >tamirinさん
オーウェン選手の故障離脱は残念でしたね。自分はイングランドとイタリアが優勝すると思っていただけに。
日本はまだまだ世界レベルには及ばないことを今大会で痛感しました(涙)
FREE TIME
2006/07/12 22:21
ドイツW杯総括 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる